おおいた冠地どり

ブランド鶏といえば、かっては比内鶏、名古屋コーチンくらいでしたが、最近は日本全国多種多様な銘柄鶏が出来ていますね。「全国地鶏銘柄鶏ガイド」http://www.j-chicken.jp/anshin/
さて、今日食べたのは大分県産の「冠地どり(かんむりじどり)」です。この鶏は大分県畜産試験場が開発したそうで、日本で初めて烏骨鶏を交配しており、毛冠のとさか、あご髭などに烏骨鶏の特徴を受け継いでいるので、「かんむりじどり」と名付けられたとのこと。大分というと名物の鳥天、中津のから揚げとか、元々鶏肉好きな土地柄ですよね。平飼いで80日以上育てたという、この鶏肉も期待できます。

「冠地どり」のもも肉に塩コショウしてフライパンでじっくりと焼き上げて、それに家内手作りのハニー・マスタードソースを添えて頂きます。う〜ん、肉の旨味が凄いですね。肉質が柔らかく、皮がパリッとして、ブロイラーのような生臭みがありません。これは美味い鶏だなあ。

ミネストローネスープと野菜サラダもたっぷり食べて、今宵もご馳走さまでした。