E級日記

もんがぁ のE級的生活の記録です

初夏の尾道

朝起きると快晴だったので、仕事は休みにして、家内と二人で尾道までドライブしてきました。この日は陽射しが強くて夏の暑さでしたね。平日の尾道は観光客もまばらで、久々に落ち着いた雰囲気の尾道で散策を楽しむことができました。

建て替えられた尾道市役所の新庁舎、初めて中に入りました。建物の南側は尾道水道に面して床から天井までガラス張りになっており、明るく開放的な雰囲気。5階の展望デッキからは尾道の街が一望できて、気持ちがよいです。

初夏の陽射しの中で水面が輝く尾道水道、いつもと変わらぬ穏やかな風景ですね。

昼飯はこちら「中華そば 朱」です。2019年6月に閉店した「朱華園」の味を引き継いで、昨年11月にオープン。ずっと気になっていたのですが、やっと訪れることができました。

出てきた”中華そば”、鶏ガラだしの醤油味スープに背脂ミンチ、平打ちの細麺、具には大きめのチャーシューが1枚、青ネギ、メンマ。ルックスはまさに朱華園ですね。

なるほど、、スープは醤油が立っていない優しい味という印象ですが、麺や具を含めて朱華園を思い出す懐かしい味で、これぞ尾道ラーメンという感じです。

品書きは、”中華そば”の他に”チャーシュー麺”、”ワンタン麺”、朱華園では客の少ない平日にしか提供されなかった”焼きそば”も常時あるようなので、次回はそれを食べてみたいです。

中華そば 朱 尾道市十四日元町6-16
setouchikakuregaresorts.jp

”尾道ラーメン”というと一括りにされがちですが、近頃は尾道にも色々なラーメンがあります。私も宿題店がたくさんあるので、これからも折にふれて訪れたいです。


昼飯の後は、尾道をぶらぶらと散策しました。尾道は海の街であるとともに坂の街でもあります。古い街並みを眺めながら歩いていると、何故か心が落ち着きますね。

平日なので商店街はガラガラ。シャッターの降りている店舗も多いですが、来る度に新しいお洒落な店がぽつぽつと出来ていて、それを見て歩くのも楽しいです。

昨年、ホリエモンとの入店トラブルで大迷惑を被ったこちらの餃子屋さんは、冷凍餃子の持ち帰り専門店に変わっていました。めげずに頑張ってほしいものです。

本来は夜営業のみの「高原誠吉食堂」が、昼時間にテイクアウトの弁当・惣菜を販売されています。中浜通りにあった昔の店には行ったことがありますが、移転して大きくなった店に入るのは初めて。よい機会なので、晩飯用にお惣菜を買いました。

その後も街をぶらぶら歩きますが、お目当てだった「パン屋航路」、アイスクリームの「からわわ」などは店休日。適当なところで引き揚げましたが、平日の静かな尾道の街も良いものですね。すっかり気分転換ができました。


家に帰って、晩飯は「高原誠吉食堂」のお惣菜と、途中の道の駅「みはら神明の里」で買ったタコ天などを肴に酒を飲みます。

高原誠吉食堂のお惣菜は、ちょっと濃い味付けだけれど美味しかったです。

家飲みも楽し

広島県では新型コロナ緊急事態宣言が6月20日まで延長となりました。まだしばらく、飲食店に対する休業・時短要請が続くようですね。私自身も夜の外食はずっと控えていて、ちょっと寂しい状況です。ただ、いまの私は仕事関係の飲みはないので、コロナ自粛で「家飲み」の良さを再認識した部分もありますね。

「家飲み」の良いところと言えば、まず自分の食べたい物が食べられる、酒類が原価(小売店価格)で飲める、さらに飲んだ後に家に帰る必要がなくて直ぐに寝れる、、等々。一方で酒は人と人とのコミュニケーションの役割があるので、外飲みが不要という訳ではありませんが、単に料理と酒を楽しみたいだけの場合には「家飲み」は全然ありですね。

、、という訳で、最近の「家飲み」からいくつか。

■ 「お家焼肉」です。韓国風にサンチュの葉でコチジャンと一緒に包んで食べます。酒はマッコリ、やっぱり焼肉には合いますね。

■ スパークリング・ワインが好きです。近頃は辛口で結構美味いのが1,000円位でありますからね。肴はニシンのマリネ、サーモンのタルタル、チキンのバジル風味焼きなど。

■ 鯛のカルパッチョ、アサリとキャベツの酒蒸し、焼きナス、ゴボウのキンピラ、小松菜とシメジの煮物など。取りあえずビールは何にでも合います。

■ ポークチャップ、焼き野菜などで、サッポロビールの飲み比べです。定番の黒ラベルと限定販売のサッポロCLASSIC、どちらも美味いですね。

■ 手羽先のオーブン焼き、グリーンアスパラのバター焼き、無限キャベツ、インゲンの明太子炒め、蒲鉾(ウニ、梅肉シソ挟み)などでビールを飲みます。

昨年、期間・販売店限定で提供された沖縄のオリオンビール「75(NAGO)」、先日「やまや」で箱売りしていたので即購入しました。ポピュラーなオリオンビールとは違うどっしりした飲み口で美味いです。これから常時販売してくれたら嬉しいですね。

■ ひき肉のレタス包み、餃子など。暑くなってくると、やっぱりビールが美味いですね。この日は昼間ハイキングをして運動してきたので、特に美味いです。

■ 鮭とホウレンソウのクリーム煮、焼きソラマメ、ハム&チーズ&ポテトのサラダなどで赤ワインを飲みます。ワインについては私は赤が好きで、魚料理でも赤ワインを飲みます。家内は料理に合わせて赤・白を飲み分けてますね。

■ 鶏モモ肉のオーブン焼き、シーフードサラダ、マカロニのバジルソース、ジーマミー豆腐、黒豆などで、ウイスキーの水割りを飲みます。和洋折衷で何とも不統一な晩飯ですが、家飲みなので全く問題ないです。

■ 鰹の塩タタキ&アボガド、タコ刺し、筑前煮、小松菜のおひたしなどで、日本酒を飲みます。私は日本酒は辛口が良いです。広島県だと海沿いのエリア(仁方、安浦、安芸津、竹原)にある蔵元の酒が好きですね。

■ サワラの味噌漬け、ヒジキ煮物、小松菜のおひたし、タケノコご飯、ワカタケ汁。季節の味が食卓にのるのは何よりも楽しみです。こういう和食の時でも、私は赤ワインを飲みます。

新型コロナ禍が始まってから、緊急事態宣言などにより何度も営業自粛の要請があって、飲食店にとって辛い状況が続いてますね。しかし「新規開店して2年もてば店は続く」と言われるほど競争と淘汰が厳しい業種であることも確か。良い店はコロナ禍も乗り越えて、続いていくものと思います。頑張ってほしいものです。