読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒中東京の旅 一日目

今日から3日間、東京にいます。今晩から大寒波が襲来という予報ですが、どうなることやら。
まずは宿泊する銀座のホテルに寄って荷物を預けて、六本木ヒルズにやって来ました。やっぱり都会ですねえ、街も人も御洒落だなあ。ここでは森アーツセンターギャラリーで開催中の「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」を見ました。フェルメール、レンブラントの作品がフューチャされていますが、他の画家達の絵も超微細な描写で中々良かったです。

同じフロアにある森美術館です、ここには家内だけが入館しました。実は家内には別の目的があって、是非ともここに来たかったとのこと。それはミュージアムリンク・パスという企画なのですが、日本国内の3か所の近代・現代美術館(森美術館@東京、21世紀美術館@金沢、ベネッセアートサイト@直島)を一年以内に巡ると、賞品が貰えるというものです。最初の21世紀美術館に行ったのが3月で、これがスタート。次が直島で、そして今回がここ森美術館ということです。

家内はミュージアムリンク・パスを無事クリアして、賞品のオリジナル"トートバッグ"をゲットしました。中々クリアしにくい企画だと思うので、これは値打ちものかもしれませんね。

森タワーの展望カフェ、ザサン&ザムーンで一休み。曇天で寒そうな景色ですが、眼下に港区、中央区、湾岸方面が眺められて中々の眺望、やはり東京は大都会だわ。


銀座四丁目の交差点です。
和光には今回初めて入ってみたのですが、時計だけでなくて色んな物を売っているんですね。しかし、ショーケースの値札を見てびっくり、、こういう店で普通に買い物ができるのはどういう人達なのかな、、全く理解不能な世界というところ。

日曜の夜だし悪天候の予報が出ているので、人はそれほど多くはないです。


■資生堂パーラー
今宵の晩飯はこちらです。ここも以前から一度来てみたかった店なのです。

シックで落ち着ける店内、やはり伝統を感じますね。今宵は空き席がありますが、やはり天候のせいなのかな。お蔭で予約がとれたのはラッキーでしたけれど。

さすがに給仕スタッフのサービスは快適です。私達は"シェフのお薦めディナーAコース"(6,500円)にしました。こういうところでは、店のお薦めに任すのが無難ですからね。
前菜 "真鯛のエマンセ ジュ・ド・オマールソース"

そして、コンソメスープのサーブです。

実はこのコンソメスープが飲みたかったのです。綺麗な琥珀色でしっかりとした味わいですね。
メインは肉と魚から選べます。これは"牛フィレ肉のステーキ マデラ風味"

魚は"舌平目の香草パン粉焼き ウニのクリームソース"

デザートも選べて、"キルシュのムースとグリオットのシャーベット温かいチョコレートソースと共に"

こちらは"フロマージュブランのムースとマンダリンのシャーベット金柑の香り"

最後にコーヒーとアミューズが出てこれで終了。

いや〜満足しました。有名な店だけれど、いまはどうなのかな?とちょっと思いましたが、全然古びていませんね。値段以上の価値がある食事でした。
資生堂パーラー銀座本店 東京都中央区銀座8-8-3