お好み焼 八昌

今日は会社の飲み会で久々に街中へ。終ってから繁華街をブラブラしていると、何だかお好み焼が食べたくなって久々に八昌に行きました。幸い行列はなくてすぐに座れましたが、それからの待ちが40分ほど。客の注文を受けてから焼き始めるのは良いのだけれど、相変わらず時間がかかります。この店は野菜・豚肉までは奥の鉄板で焼き、そば・玉子を合わせる時には前の鉄板に移動させて、、という2段階の工程ですが、どうしてなのでしょうね。以前から不思議に思っていたのですが、鉄板の温度が変えてあるのかな?
久々の八昌はキャベツがふっくらしてやはり美味しかったのですが、客の前の鉄板の温度が低すぎます。私は食べている間に焦げてくるくらいの鉄板が好きなのですが、これでは保温になる程度です。まあ観光客が多い店なので仕方ないのかな。
 
八昌 広島市中区薬研堀10-6-1