読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の旅 一日目

GWに名古屋に行って来ました。
広島人にとって名古屋は意外と縁がないというか、新幹線で通過することはあっても、降りて見物する機会は少ないですよね。私自身は30年ぶりになります。以前は東京、大阪と比べられて「大いなる田舎」とも言われていましたが、いまはどうなのでしょうね?ユニークな食べ物も多くて、"名古屋めし"という呼び方も出来ました。今回はそのあたりの探索が主なテーマです。
スタートは名古屋城です。私は城巡りが趣味なのですが、恥ずかしながら名古屋城を訪れるのは初めてです。名古屋城は戦国が終わった後で築かれた城だし、広島城と同じく戦災で焼けて天守閣はコンクリート造りということもあったのでね。しかし、やはり天下普請の城ですね、堀や石垣の雄大さは見応えがありました。この日は祝日だったので結構な人出で、天守閣に登るのも行列、復元途中の本丸御殿を見るのも行列でした。いろいろ見て回りましたが、私自身は二の丸で信長時代の「那古屋城跡」の石碑を見つけたので満足でした。

城内を巡っていると侍姿の一団が、、これは「名古屋おもてなし武将隊」だそうです。メンバーは信長、秀吉、家康、利家、前田慶次などで、観光客向けに演舞など。こういうふうに、休日にはいろんな催し物を普通にやっているところが良いですね。

ちょっと目を引く歴史を感じる建物、名古屋市役所(手前)と愛知県庁です。この庁舎の主人の市長、県知事はそれなりに名前くらいは知っていますが、なんかこの建物にはそぐわない感じがしますけどね。

名古屋の中心街、栄のシンボルのテレビ塔です。私は他所に行くと、まずは高い所に登ってその街を俯瞰するのが好きなのですが、名古屋ではここが最適なポイントでしょう。

テレビ塔の展望台から名古屋駅方面を望むと、高層ビルが次々と建設中です。

足元にはオアシス21、やはり名古屋は大都会ですねえ。街を歩いていても、広島とはかなり違う景気の良さを感じました。さすがに世界一の優良企業トヨタを擁する地域だなあ。


今回の名古屋旅行の一番の目的は"名古屋めし"を食べることでした。しかし、名古屋滞在は二日間、初日の昼・夜と二日目の朝・昼・晩の合わせて5食です。食べたいものは多いのですが、以前のような連食は無理なので、限られた食数で何を食べるか?、、選択が難しいですねえ。
■味噌煮込みうどん
名古屋での一食目は"味噌煮込みうどん"です。事前に調べてみると、味噌煮込みうどんの老舗には「山本屋本店」と「山本屋総本家」というのがあるらしい。この二つは全く関係のない店で、地元の人も本店派と総本家派に分かれて、どちらが美味いか激しく言い争っている(らしい、、)。さて、どちらにするか悩みますね。どちらも支店があるのですが、やはり行くなら本店がいいなあ。宿泊するホテルは栄にあって、まずそこに寄って荷物を預けたので、その後の予定を考えて栄に本店がある「山本屋総本家」に行くことにしました。

私達は昼前に着いたので待たずに入れたのですが、食べ終わって外に出たらこんなに行列が、、う〜ん早めに来といて良かったなあ。

注文したうどんが出来るまで、まずは"味噌おでん"と昼ビール。名古屋ではなんにでも八丁味噌のタレをかける(らしい、、)のですが、私は初体験です。おでんを食べてみると、この味噌が結構甘いのにくどさはなくて、なんとも美味いです。へえ〜これは意外。

"味噌煮込みうどん"が土鍋でグツグツいいながら出てきました。

鍋の蓋には穴が開いてない、よしよし、この蓋は取り皿代わりになるんですよね。まず汁をすすると、これは美味いなあ。うどんは芯が残っていて、かなり固いです。さらに、うどんに対して汁がかなり多いですが、これはご飯を入れろってことですかね。

ご飯を貰って汁をかけて食べると、これがもう最高。この汁にはうどんよりご飯のほうがむしろ合いますねえ。熱々の汁をうどんとご飯で頂いて、もう大満足です。

いや〜八丁味噌って美味いんだなあ。私はもう名古屋の味噌味に夢中ですわ。
山本屋総本家 名古屋市中区栄3-12-19


■なごやめし居酒屋
晩飯もやはり名古屋ならではというものが食べたいです。居酒屋メニューであれば、まずは手羽先ですが、有名なのは「風来坊」「世界の山ちゃん」といったところ。しかし、それ以外にも美味しいものが食べられそうということで、こちらの居酒屋を選びました。

ここは名古屋でも有名な店みたいで、居酒屋らしいとても良い雰囲気。店内は満席でした。

生ビールを注文して、まずは"どて味噌煮込み"です。地元では単に"どて煮"または"どて焼き"と呼ぶみたいです。八丁味噌を砂糖や味醂、出汁でのばして、牛すじ、豚モツ、コンニャクなどを煮込んであります。このどて味噌の味がなんとも言えず美味いんだなあ。

こちらは"どて味噌串かつ"、串かつをどて味噌に浸けてあります。揚げ物とどて味噌は合いますね。

名古屋に来たらこれは食べないとね、手羽先の唐揚げです。それに名古屋コーチンの串焼きも。鶏肉が名産という所は多いですが、この名古屋コーチンもしっかりと旨味があって美味しかったです。

手羽先は食べ方にも決まりがあって、関節部分を折り曲げて骨を抜いて食べるそうですが、う〜ん中々難しいです。この店の手羽先は山賊焼きのような甘辛いタレに漬けて揚げてありますが、他の店もこの味なのかな?コショウが効いた味というのも聞いたことがあるので、食べ比べてみたかったですね。

いや〜この店は良かったですねえ。名古屋の美味いものが色々食べられて満足です。
伍味酉本店 名古屋市中区栄3-9-13


■手打ちきしめん
お酒を飲んだ後の〆には、やはり麺類が食べたくなります。名古屋ですから、やはり"きしめん"といことになりますね。この店は名古屋の中心街では有名な老舗です。

たっぷりの花かつおで、丼に顔を近づけると鰹節の良い香りが立ち昇ります。

手打ちのきしめんはコシがあってピロピロとした食感、するりと食べられます。これもまた美味しかった。

総本家えびすや 名古屋市中区錦3-20-7


さて、お腹もふくれて、よい具合に酒も入って、気持ちよく夜の栄界隈をぶらぶらと歩きました。夜間照明を受けたオアシス21、これは昼間とは全く違う景色ですね。

オアシス21の大屋根「水の宇宙船」に上がると、幻想的な風景が広がっています。歩きながら周囲を見回すと、大都会の中で時間が止まっているような感じですねえ、、

さて、明日は何を食べようかな、、