とんかつ とんき

本日はこちら、稲荷町交差点近くの裏筋にあるトンカツの「とんき」へやって来ました。
同名の店が西区のアルパークの近くにありますが、店の人に聞いたところ「うちは西区のとんきからの暖簾分けです」とのことでした。ただしニュアンス的には、今はあまり関係はないという感じでしたけどね。「とんき」というと東京・目黒に有名なトンカツの店があります。私は池波正太郎のエッセイが好きで、30年ほど前、横浜に住んでいた頃に目黒の「とんき」には行ったことがあります。エッセイに書かれていた通り、真白い調理服に三角巾を被ったうら若き女性店員達の接客がとても清々しい店でした。トンカツ自体は衣が固くてクリスピーな食感、庖丁で切ると肉と衣が剥がれていて、ちょっと他にはない独特なトンカツでしたね。アルパーク近くの「とんき」も肉と衣が剥がれ気味だったので、これはもしかして東京の「とんき」と関係があるのかと思ったのですが(以前そういう情報を見た気もするのですが)、どうなのでしょう?

私はロースカツ定食、家内はヒレカツ定食(いずれも1,400円)を注文しました。トンカツに豚汁、ご飯、香の物が付いて、ご飯と豚汁は1杯目のお代わりは無料とのことです。キャベツが山盛りで嬉しいなあ、無くなると追加して下さいます。豚汁が熱くて美味しいですね、こちらもお代わりをしました。さて、肝心のトンカツですが、衣がさっくり肉が柔らかくて、かなり美味しいです。ただし、衣の具合とかは目黒の「とんき」とは全然違いますね(笑)。しかし、味・ボリュームを合わせて総合的に満足度は高かったです。

とんき 広島市南区金屋町2-8 http://www.minamiku-tonki.jp/index.htm