E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

蕎麦茶房みん

今日は母の日なので、私の母親を連れて家内と3人でお昼を食べました。行ったのは黄金山の登り口辺りにある「みん」です。
この店は以前は西翠町にあったのですが、昨年の秋頃にこちらに移転されたそうです。ごく普通の民家ですが、中に入ると板敷きの広い客間がありました。掃き出しのカラス戸の向こうには家庭菜園が見えます。接客の女将さんは懇切な方で、この家のことを色々と説明して下さいました。どこにでもありそうな古い民家ですが、家族で手造りで修築したとのことで、寛げる雰囲気の店になっていますね。玄関の横の部屋はギャラリーになっていて、女将のお父さん(画名:横田春畝)の絵などが展示されています。


私は事前に電話で予約した時に、蕎麦の他に何かちょっと料理を付けて貰えませんか?と頼んでおいたので、特別に定食のおかずだけを出して頂きました(本当は定食はおかずとむすびがセットになっているそうです)。ざる蕎麦は薬味が選べるので、私達は広島では珍しい辛味大根にしてみました。お蕎麦はちょっと緑がかった色で、のど越しがよいです。辛味大根を少し口に含んでから蕎麦を食べると、辛味・風味が効いて美味しいですね。私はざるをもう一枚追加、最後に蕎麦湯を頂きました。いや〜この店の蕎麦は中々良いですね。

おかずのほうは野菜中心で、高野豆腐とブロッコリーの寒天寄せなど、ちょっと変わったものもありました。母親や家内はこのくらいが昼食として丁度よい量で、満足したみたいです。

ゆっくりとお蕎麦を頂いて、ギャラリーの絵も見せて頂いて、お勘定をすると驚くほど安かったです。ここはとても良い店ですね、是非また来たいと思います。
蕎麦茶房みん 広島市南区仁保1丁目37-24 http://www.urban.ne.jp/home/minca/