砥部の酒 初雪盃

先日の旅行で砥部町も訪れたのですが、たまたまこの蔵元の前を通りました。以前家内が松山在住の友人から頂いたことがあったのですが、その酒がとても美味しかったので立ち寄ってみました。

お店の人が親切にいろいろ説明して下さったのですが、この「初雪盃」は昔ながらの"槽しぼり"や"袋しぼり"に拘った酒造りをしているとのこと。生酒の種類も多かったので、その中から選んで2本買いました。

協和酒造 http://www.hatsuyukihai.jp/


「初雪盃」の新酒"槽場詰おりがらみ純米吟醸生原酒"、いまの季節だけの限定品です。旅行中はずっと保冷バックに入れて、大切に持ち帰りました。無濾過なので少し濁りがありますね。

メバルの煮付け等を肴にして「初雪盃」を頂きます。"おりがらみ"なのでちょっと甘みを感じるけれど、飲み口はすっきりしています。日本酒が苦手な家内も、この酒は後に残らない感じで美味しいとのこと。

今治の産直市で買て来た春の山菜(ツクシ、フキノトウ、若タケノコ)の天ぷらです。これぞ春の味、生えたばかりのタケノコは柔らかいですね。日本酒と合わせるとさらに美味しさが増します。