E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

なかた美術館 ロセアン

三連休の最終日、連休にどこにも行かないというのは寂しいので、尾道にやって来ました。
尾道にこんな美術館があるとは知らなかったですね。船舶関係の事業をしている企業が運営しているのだそうです。いまは「小林和作展」を開催中だったので、まずはそれを鑑賞しました。小林和作は尾道に居住していた有名な風景画家で、私は初めて観ましたが良い画をたくさん描かれていますね。これは楽しめました。

http://www.nakata-museum.jp/


昼飯は、この美術館の中にあるフレンチレストラン「ロセアン」でランチを頂きます。

家内が知り合いの方から、ここのレストランが良いと教えてもらったとのこと。ランチメニューは3種類あるので、私たちは一番安い2,700円のランチにしました。
まずは、前菜三種盛り。

オニオンスープ。これを飲んで、このレストランはレベルが高いと思いました。

メインは肉料理2種類と魚料理2種類の中から、どれか一つを選べます。私は"カワハギとホタテの焼き物・カレーソース"にしました。魚がカリッと焼いてあって美味いです。

家内は"牛頬肉の赤ワイン煮込み"です。これは肉が柔らかくてリッチな味です。添えられているライスをソースに絡めて食べても美味いですね。

デザートはワゴンで見せられて、この中から好きなものを3種類を選べます。

どれも美味しかったです。

これにパンと食後の飲み物が付いてこの値段ですから、本当にお値打ちですね。この店はかなりお薦めです。尾道に来た時の選択肢がひとつ増えました。
ロセアン 尾道市潮見町6-11 なかた美術館内 http://www.locean.jp/


昼飯の後に、しばし尾道の街を散策しました。

観光客はそれほど多くはなかったですが、朱華園はいつも通りの行列です。

久しぶりの尾道でしたが、新しく出来た店とか無くなってしまった店とか、いろいろあります。昨年6月の商店街の火事の跡は空き地になっていました。見回すとこの周辺は既存不適格な建物が多いですねえ。防災面では問題ですが、それが尾道の味わいになっているので、これからも出来うる限り残してほしいものです。

「パン屋航路」、ここは尾道に行った時には必ず立ち寄る店になりました。

何種類かパンを購入、明日の朝食が楽しみです。

パン屋航路 尾道市土堂1-3-31