E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

鮓や 大東

今日は東広島に来たので、昼飯はこちらで頂きました。
古民家を改築した趣ある造りの店舗、なんとここは以前ラーメン店だったことがあって、私自身何度も通った処です。その後、お鮨屋さんに替わって、しかもその店が2013年のミシュラン広島版で星を獲得しているとは、、実は私はそのことを知らなかったので、今回行ってみて驚きました。

店内に入ると、間取りは変わりませんがメインの部屋にカウンターが出来て、すっかり落ち着いた雰囲気の鮨屋になっていました。客室から庭が見えるのも以前と同じですが、庭の造作は少し変わったようですね。


お昼のメニューは2種類のコースだけです。私達は"お昼のおまかせ"(4,860円)を注文しました。お酒の品揃えも良さそうなのですが、残念ながら車なのでノンアルコールビールです。
まずは、前菜3種:アンキモ、イクラの醤油漬け、カニの酢の物です。このアンキモは脂臭さや生臭さが全くなくて、美味いですね。久しぶりに美味いアンキモを頂いた感じ。日本酒が欲しくなりますが、我慢我慢。

お造りはキス、タイ、アジ。目の前で生ワサビを摺って、驚くほどたっぷり添えてもらって、幸せです。

カマスの柚庵焼きは塩加減が絶妙というか、ご主人の料理人としての技術の高さを感じますね。

アナゴと焼きナスの茶碗蒸し、ショウガの搾り汁が入っています。茶碗蒸しに焼きナスが入ってショウガ風味というのは面白いですね。これは結構な変化球です。


その後はお鮨になります。まずはご主人から「出したままをお召し上がり下さい」と一言。ネタに合わせて煮きりや塩、柑橘などを使い分けるので、そのまま食べて欲しいという自信の現れでしょう。
まず最初に玉子、、えっ玉子!?白身をしっかりメレンゲ状にして焼いてあるのでしょう、ふわりと軽くて麩菓子のような玉子焼きです。甘味はほとんどないので、最初に持ってきても大丈夫ということなのでしょうか。これがこの店の流儀のようですね。その後は、水イカ、ヒラメ、北海道産中トロ、コハダ、車エビ、アジ、アナゴと続きます。シャリは酢と塩だけなのかな、甘みを感じない江戸前のシャリですね。ネタはどれも良いので、素材の旨味が味わえます。コハダの締め具合も良いですね。車エビは白板昆布を被せて煮きり、アナゴはツメではなくて塩と酢橘で供されました。

いや〜美味しかった。一点だけ注文をつけるとすれば、玉子焼きかアナゴのどちらか一貫は甘い味にして欲しいということかな。その他は間然する所なしですね。
赤だしやガリについても抜かりはなく、全て美味しいです。

デザートは杏仁豆腐。これも美味しいですが、イチゴソースはもう少し甘くしてほしい感じです。

この店は良いですね。さすがにミシュランで星が付くだけのことはあります。店の雰囲気も良いし鮨も美味しいです。ただ、全て食べ終わってみて、やはり一点だけは甘味が欲しいなあと感じました。まあ、これは私の個人的な感想なので、問題ないですけどね。この店にはまた来たいと思います。
鮓や大東 東広島市西条土与丸5-2-22 http://www.sushiya-oto.com/