呉の懐かし洋食

今日は用事があって呉に来たので、昼飯は中通辺りで食べます。
呉の中通は最近すっかりシャッター商店街になってしまいましたね、、呉は老齢化率が全国的に見てもかなり高いということがあって、人の動きが少ないです。呉駅の南側にゆめタウンが出来たので人の流れも変わりました。しかし、大和ミュージアムなどの人気スポットがあるので、休日は観光客が結構多いみたいです。中通り界隈では呉グルメの定番の店、「珍来軒」「モリス」「いせや」などには行列が出来ます。洋食の老舗「いせや」の前にはこの行列、、待つのは諦めて、もう一軒の店に向かいました。


ここも古くからある洋食の店「自由軒」ですが、こちらには行列はありません。戦前から呉は海軍さん(今は海自)の街ですが、最近「海軍グルメ」と銘打った料理をフューチャして町興しをしているようです。この店の入口にも"戦艦大和のオムライス"という案内書きが貼ってありました。「デミオムライスのデミグラソースは、海軍のコックをしていた福山の“自由軒”の先代店主からひきついだ、まさに“海軍の味”」とのこと。しかし、それだけで"戦艦大和のオムライス"と名乗るのはちょっと無理があるのでは(笑)、、

店に入って品書きを見ると、"戦艦大和のオムライス"の表示はなくて普通に"デミオムライス"(850円)というのがあります。店の人に違いがあるのか聞いてみたら、"戦艦大和の〜"のほうは紅茶が付くだけで、オムライス自体は同じだとのこと(笑)。それならばと、単品の"デミオムライス"を注文しました。
そして出て来たのは、、う〜んなんとも素朴なオムライスですね。デミグラスソースと言っていますが、ほとんどウスターソースと変わらないなあ。まあ戦前の日本で本格的なデミグラスソースを食べる機会がそうそうある訳はないので、実際にこういうソースだったのかもしれませんね。

もう一品はハヤシライス(700円)を注文しました。これはまさに牛肉とタマネギを炒めてウスターソースを掛け回したような味です。しかし、タマネギのシャキシャキ感が美味しくて、私はこちらの方が気に入りました。

う〜ん面白い。「海軍グルメ」の町興しはちょっと強引っぽいところがありますが、こういうふうに地域の特徴を強調して売りを作ることは悪くないんじゃないかと思います。
自由軒 広島県呉市中通3丁目7-15