ゆで塩豚

なんだか急に涼しくなりました。私はいつもは徒歩通勤をしているのですが、真夏の一番暑い時期だけバスに乗ります。今年も7月中旬の梅雨明けから約1ヶ月間バス通勤に切り替えていました。しかし、今朝家を出ると随分と涼しいのです。歩いてみましたが、もう大丈夫そうですね。今日から徒歩通勤に戻そうと思います。
ところで、バス通勤の時に感じたことです。ちょうど夏休みでしたが、部活なのか遊びに行くのか、時々子供が乗ってきます。そういう子供が二人席の真ん中に座って、混み合ってきても知らん顔なのです。「席を詰めなさい」と言えば良いだけですが、誰もそれを言いません(恥ずかしながら私もそうです)。これから仕事に向かう忙しい大人が大勢立っている中で、子供のほうは一人で二人分の席を占領して涼しい顔で座っている、なんとも奇妙な光景です。こういうことって誰かがちゃんと教えないといけないでしょう。社会の中で人間関係がどんどん希薄になっているのを感じます。
さて、今宵の晩飯は"ゆで塩豚"などです。これは呉の義母さんから頂いたものです。塩豚は作り方が簡単だし、結構人気がありますよね。豚肉の塊(部位は好みで)に塩をしてラップでぴっちり包んで2-3日冷蔵庫で保管して、肉を熟成させるのがミソだそうです。その後の調理は色々ですが、これは普通に茹でて"ゆで塩豚"になりました。

ポン酢と粒マスタードでさっぱりと頂きます。塩をして熟成させることで、肉の旨味が増して美味しいですね。