E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

休日ドライブ 岩国・周東へ

休日に気分転換のドライブ、岩国市周東町に行って来ました。
旧山陽道の高森宿、宿場町としての往時の風情がいまだに残っていますね。お目当ての店に着くと道の反対側に見覚えのある建物が、、いまは市議会議員の選挙事務所になってましたが、ここはかってラーメン「麺や のぉくれ」があった場所ではないですか!「のぉくれ」は柳井に移転しましたが、ここには一度来たことがあります、懐かしいなあ~。


明治から続いた油屋旅館が2014年に旅館を廃業された後、レンコン料理とカレーの店として「油屋れんこん&咖喱」を開業されたとのこと。木造2階建ての建物は、古い旅館の雰囲気をそのまま残していますね。 

食事を頂くのは、かって旅館の食堂として使用していた和室で、中々趣があります。

私達はカレーを頂きます。こちらのカレーは、地産の高森牛の牛骨と30種類以上の野菜とスパイス、調味料で一週間かけて煮込んで熟成したというスープカレーです。私は"エビとキノコのカレー"、家内は"チキン&野菜のカレー"にしました。

うわ~これは具だくさんですね。油どおしされた野菜、エビフライはぷりぷり、カレーもスパイシーで美味いです。器と盛付けはちょっと田舎風なのですが、中々美味しいカレーでした。店の人も親切で寛げました。

この店の営業は金~月の週4日間、メニューは岩国名物のレンコン料理とカレーのみ。レンコン料理は事前の予約が必要とのことです。

油屋れんこん&咖喱 岩国市周東町下久原1343
aburaya-curry-iwakuni.business.site


せっかく周東まで来たので、少し足を伸ばして獺祭の旭酒造を訪れました。酒蔵とは思えない近代的な本社工場です。

7月の豪雨災害の時は、川の上流で山崩れがあり、川に流れ込んだ流木と土砂が工場の前にある橋に引っ掛かってダムのようになり、周辺一帯が水没したとのこと。

工場前の川の向いにある販売棟も被害を受けたとのことで、工場の玄関が仮店舗になっています。豪雨時の被害を写した写真が展示されていました。

仮店舗で"磨き3割9分発泡にごり酒"を購入しました、飲むのが楽しみです。

旭酒造 岩国市周東町獺越2167-4
獺祭の蔵元|旭酒造株式会社