もんごい 台湾まぜそば

朝一で沼田の大型ゴミ処理施設に行ってきました。年末最終営業日なので混雑を予想したのですが、車の列はぎりぎり施設の入口まで。さほどの待ちではないと一安心したのですが、そこから先が長かった(笑)。職員の誘導で構内をクロスカントリーのようにぐるぐると回らされます。最初はどうしてこんなことをするのか分かりませんでしたが、思い当りました。車の列が構外にはみ出してしまうと、外の市道が詰まってしまうからなんですね。ぐるぐる回りの途中、3列のレーンに並ばされて係員が廃棄品の申請書を持ってきます。最終的に運動場の仮設の廃棄場に大型ゴミを降ろして、ミッション完了です。よく練れたオペレーションで、意外と早く済みました。ずっと捨てたかったカーペットやプリンターが廃棄できてよかったです。
その後は家に帰って、今日も一日大掃除です。その途中、昼飯はこちらにやってきました。

最近の宿題のひとつだった、もんごい丹那店の"台湾まぜそば"です。こちらでは自家製麺をしているとのこと、具はミンチ肉、ニラ、刻んだメンマ、海苔、魚粉、そして卵黄です。

自家製の平打ち極太麺に甘辛いタレがよく絡みます。卵黄の濃厚な旨味が加わるとさらに美味いですね。ニンニクは入っていないのですが、私はニンニクがあったほうが良いかな。客の好みでニンニクの有無が選択できればいいのになと思います。しかし、この店の"台湾まぜそば"はかなり美味かったです。

もんごい丹那店 広島市南区丹那町1-38


これまで何店かで"台湾まぜそば"を食べましたが、私好みの"台湾まぜそば"にマストなのは、卵黄、ニラ、ニンニク、魚粉という結論になりました。そういう意味では「がんぼう」@旭町が好きということになりますが、麺はこの「もんごい」のような極太のがよいのでその点は微妙。これからも"台湾まぜそば"を出す店は増えてくると思うので、いろいろ食べ比べてみたいと思います。