読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梵天丸 辛〜い・美味い

今日は商工センター方面に行ったので、帰りにこちらの店に寄りました。
「梵天丸もかくありたい、、」というフレーズが思い起こされますが、店の看板を見ると「天」の字が伊達正宗の兜の前立てのような意匠になっています、やはり名前の由来はそこからですかね。もともと「梵天」は古代インドの創造神「ブラフマー」のこと、随分と大きな名前をつけたものです(笑)。

この店のことは以前から気になっていました。いまごろ何を言ってんだとバカにされそうですが、なぜか機会がなかったんですよね。お昼時に着くと13台ある駐車スペースは満車で出入りする車で渋滞が起きていました。店内はカウンター、テーブルなど合わせて40席程がほぼ満員でした。すごい人気店ですね。

この店の売りは汁なし担々麺をはじめとした辛い麺ですが、実は私はここの"にぼしラーメン"がずっと食べてみたかったのです。でもねえ、、今回は初訪だし、ここではまず辛い系のラーメンを食べるのが常道かな。私の胃も今日は辛いものを欲していたので、これも是非食べてみたかった"梵天麺"の3辛にしました。ちなみにこの店の辛さは、0辛〜3辛、激辛の5段階、3辛は上から2番目になります。店の人にも、辛いですよと一応の注意を受けました。

家内は"汁なし担々麺"の1辛。これは、この店のルーツ「四川麻辣商人」以来の安定の定番ですね。

卓上には辛味調味料いろいろあります。山椒が追加できるのは嬉しいなあ。辛口えびラー油というのも気になるなあ。注文時の辛味は少なめにしておいて、この卓上調味料で辛さを確かめながら追加していくのも有りですね。

まずは箸入れ。"梵天麺"はいろんな香辛料が上にのせてあるので、このあとはよくかき混ぜてから頂きます。う〜ん、辛〜い、しかし美味〜い!これこれ、私が求めていた辛い担々麺はこれですよ。

いや〜なんで私は、これまでこの店に来なかったんだろう。これからは汁ありの担々麺はこの店で食べることにします。それに、"鳥にぼしラーメン"も是非食べたいしね。
梵天丸 広島市佐伯区五日市中央7-5-11