E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

至高の豆腐尽くし

唐津で一泊して、次の朝の朝食はこちらです。実は唐津に泊まることにしたのは、こちらの朝食が是非とも食べてみたかったからなのです。川島豆腐店は寛政年間の創業、豆腐一筋の老舗です。以前、広島の福屋八丁堀店に出店されていたことがありますね。残念ながら既に撤退されていますが、その時食べた豆腐会席がとても良かったです。本店は唐津の商店街の中にあって、一見すると、えっ?と思うくらい間口が狭いのですが、店の奥の方に広い製造場がありました。老舗でありながらネット販売などもされており、益々事業を拡大されているようです。

朝8:00、店の横の小さな暖簾をくぐって奥に進むと、そこには不思議な空間が、、ここが豆腐料理「かわしま」です。カウンター席のみで10席ほど。白木のカウンターが清々しく、まるで高級な鮨屋に入ったような感覚です。ここでは朝と昼の二回の営業で、豆腐尽くしの食事が頂けます。


目の前にどんとザル豆腐が置かれ、お代わりし放題。豆腐は作りたてで、まだ温かいです。まずは豆乳、ザル豆腐、卯の花炒り、ゴマ豆腐です。ご主人が出て来られて、暫しお話しを。広島の福屋の話をすると、その頃は定期的に広島の店にも通っておられたとのこと。返す返すも広島の店が無くなったのが残念です。

揚げ豆腐はその都度揚げたてが供されます。これもお代わり自由、私は4個も頂きました。

豆腐の味噌汁、麦粥、香の物です。麦粥は昆布出汁が掛けてあり美味しいです。

デザートは豆乳プリン。

ゆっくりと時間をかけて頂く豆腐三昧、これで一人前が1,500円ですから信じられません。これはもうご主人の道楽か、豆腐の真の美味しさを広めるための社会活動としか思えませんね。この店の朝食を食べるためだけに、唐津を訪れる価値があると思います。ご馳走さまでした。
川島豆腐店 佐賀県唐津市京町1775 http://www.kawashima-tofu.com/