E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

手長ダコ

家内が義父母と一緒に愛媛県(今治、西条)に里帰りしてきたのですが、親戚の家で頂いたり、地元の産直市で買ったりして、お土産をいっぱい持ち帰ってきました。嬉しいなあ〜、あちらの道の駅とか市場では地元の農産物・水産物が驚くほど安い値段で売られていますからね。老後に移り住んだら、日常の食費もそれほど掛からなくて美味しいものが食べられて、快適だろうな〜と本気で考えてしまいます(笑)。
今日の晩飯は、この手長ダコです。買った時にはまだ動いていたとのこと、これは旨そうだなあ〜

まずは塩をして両手でよく揉みます。タコ君すまん、勘弁してくれ。こうしないと身が柔らかくならないのよね。ヌメリがでて全体が白い泡のようなヌルヌルに覆われるまで揉み込みます。

よく水洗いしてから茹でてザルに上げます。活きのよいタコですから、茹で過ぎないようにさっとね。

足は刺身にして、頭(腹)は酒・砂糖・醤油で煮付けにしました。タコ刺しはやはり足が美味しいですからね、足の部分が多い手長ダコは歩留まりが良いなあ、、人間側の勝手な要望に健気にもマッチしてくれてますね。しかし、手長?足長?、あれは手なのか足なのか?どっちなのだろう。

タコ刺しはワサビではなくて、ニンニク醤油で食べるのが良いです。これは私の流儀ですが、是非一度お試しを、、