E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

カレーうどんといえば、

夜寝る時にエアコンが不要になってきましたね。窓を開けて寝ていると、戸外で秋の虫の音も聞こえます。
この土日はちょっと休息です。さて今日の昼飯ですが、家内が「なんか、カレーうどんが食べたい気分」とのこと。"カレーうどん"と言えば、やはりここ「一力庵」でしょう。お昼前に着いたのですが既に店前に待ち行列が出来ていて、相変わらずの人気ですねえ。若い人から年配の人や家族連れまで、客層は結構広いなあ。

私達はもちろんお目当ての"カレーうどん"(600円)を注文しました。この店の人気メニューはカレーうどんと"カツ丼"や"あいのり丼"(トンカツと天ぷらのミックス)などの丼物ですが、とにかくどれもボリュームがあるので、私達の年代では食べ切るのはかなり大変です。今回は他のお客さんがカレーうどん「小」と注文しているのを聞きました。なるほど小があるのか、、と思って見ていると、うどんの量がちょっと少ないだけで具やお汁は変わらないようなので、あまり意味はないみたいです(笑)。

汁は甘めの味付けで、とろみがついているので口を焼きそうに熱々です。汁の中に箸を入れると鶏肉がゴロゴロと見つかります。それにトンカツの切れ端が数個のっているのですが、これが結構ポイント高いですね。それでも足りない人には、トンカツ1枚がのる"カツのせ"というオプションもあります。実際に「カレーうどん大盛・カツのせ」という注文をしている人もいましたが、こういうのを普通に食べられる人には憧れてしまいます。まさに「ワイルドだろ、」ですね(笑)。私はといえば、普通サイズを大汗をかきながら何とか完食しました。

一力庵 広島市西区庚午中3-6-26