E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

ごちそうパエリア

梅雨明けしてから気温が一気に上昇、すっかり夏になった感じですね。こう暑いと食欲も落ち気味ですが、今宵の晩飯は文句なしの御馳走、家内手作りの"パエリア"です。"パエリア"は私の大好物、お米を使った料理の中では最高峰ではないかな。

見た目にも美しい彩りです。具材は鶏肉、アサリ、車エビ、生イカなど。魚介からは良いダシが出ますね。サフランやオリーブオイルの風味も好きです。

レモンを絞って頂きます。お米がカリッと香ばしくて美味いです。

家内が"パエリア"を作る様子。
まず生米、たまねぎ、にんにく、オリーブオイルを混ぜて角皿に入れて、230°Cに予熱したオーブンで5分焼き、サフラン水と調味料(白ワイン、塩、黒胡椒)を加えます。

その上に、具材(鶏肉、イカ、アサリ、車エビ、ミニトマト)を彩りよく乗せます。

230℃に熱したオーブンで30分程焼きま、そのまま余熱で10分蒸らして、微塵切りにしたパセリ、櫛切りのレモンを添えて出来上がり。

買ったばかりのバルミューダのオーブンレンジ、家内はこれを使ってみたくて"パエリア"を作ろうと思ったようですが、バルミューダは使いやすくて良いとのことです。

やっぱり"パエリア"は美味しいですね。今年の夏合宿では、私も"パエリア"を作ることにします。宿舎にはオーブンがないので、簡略版でフライパンで作ろうと思います。

エキニシでビール

このところ仕事のストレスが溜まっているので、今宵は気晴らしにパーっと飲みに行くことにしました。やって来たのは、広島駅の西側にあるレトロな飲み屋街「エキニシ」です。

私と家内のお気に入りのビア・パブ「サニーデイビア」、居酒屋仕様ですがハイカラな雰囲気もあって中々居心地が良い店です。早い時間なので席が空いていて良かった。

ビア・パブですから、当然ながらビールの種類は多くて、生ビールは常時5種類ほど、瓶ビールは日本と世界各国の製品で20種類くらい置いてあります。

カウンター席に座って、何はともあれ乾杯!!私はブルックリンラガー、家内は広島産の柑橘ビールです。渇いた喉を潤して、やっと人心地つきました。

肴もいろいろ揃っていますよ。まずは"タコとアボガドのマリネ"、アボガドをマリネに使うのは珍しいかな。こういうちょっと変わった肴があると嬉しいです。

この店に来たら必ず食べたい名物の"エキニシ唐揚げ"。これは最初に注文しておきます。何故かというと、注文すると「15分ほど掛かりま~す」と言われるからです。

フランス料理のコンフィーのように初めは低温の油でじっくり熱を通して、最後に油の温度を上げてカッラっと仕上げるとのこと。香辛料も独特で、ビールの肴には最高ですね。

"お惣菜5種盛り"、その日のお惣菜の中から少量ずついろいろ食べられてお得です。

"フィッシュ&チップス"はボリューム満点、揚げたての魚フライにタルタルソース、ポテトも熱々。これはビールには鉄板ですね。

いや~、飲んで食べてすっかり満足。やはり今の季節はビールが最高ですわ。

サニーデイビア 広島市南区大須賀町13-20
sunnydaybeer.owst.jp

卓上たこ焼き

今宵は"たこ焼き"、自分で焼きながら食べる熱々の"たこ焼き"は御馳走ですね。

用意する食材は、ゆでタコ、キャベツ、ネギ、天かす、魚粉、青のり、それだけです。生地は以前は薄力粉と玉子を混ぜて水で溶いていましたが、最近は市販の"たこ焼きミックス"を使うようになりました。たこ焼きミックスにはやまいも粉やベーキングパウダー等も入っているので、ふわとろに焼けるところが良いです。

たこ焼き器はBRUNOのホットプレートです。焦げ付かないフッ素樹脂コーティングのプレートで、温度調節も出来て失敗なし。明石焼きやアヒージョも作れる優れものです。

生地の下側が固まったら竹串でひっくり返しながら焼きます。生地が丸まってだんだんと良い具合に焼き色がついてくるのを見るのは楽しいですね。

焼きたて熱々の"たこ焼き"には、もちろん"にビール。これはもう最高の取り合わせ、たこ焼きをはふぉはふぉと頬張りながらビールをぐびぐびと流し込みます。

最近はたこ焼きソースの種類も増えてきたので色々試しています。

オタフクの"だしと醤油のきいたソース"は中々良いですね。普通のたこ焼きソースとミックスして掛けるとベストな感じで、美味いですよ。