E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

東北の旅(その1)平泉・盛岡

本日から6泊7日の東北旅行です。まずは仙台まで飛行機に乗って、そこから先はレンタカーで宮城・岩手・青森・秋田・山形の5県を回ります。私自身は仙台には何度か来たことがあるのですが、それ以外の県は初めて。どのようなことが見聞できるか楽しみです。
広島~仙台間は飛行機で1時間半ほど。意外と近くて、時間的には東京に行くのとほとんど変わりませんね。空港の傍にあるレンタカー店で車を借りて、さあ出発!で~す。

■平泉
東北自動車道を1時間半くらい走って、平泉に到着しました。
まずは、世界遺産の「中尊寺」です。杉木立の中を歩いて「金色堂」へ。内部は写真が撮れませんが、国宝の金色堂はこの覆堂の中にあります。実際に見てみると想像以上でした。900年前にこれほど精緻な細工が出来たとは、、奥州藤原氏4代の遺体が今でも納められているというのですから、歴史的価値も大変なものです。

こちらは本堂、中尊寺は天台宗の寺です。かって今東光氏が貫主だった時期もありましたね。確か金色堂の昭和の大修理は、氏が主導したのではなかったかな。

弁慶堂の中を覗くと、義経と弁慶が居ました。平泉の主役はやはりこの二人ですからね。

日本でも著名な名所なので、外国人観光客も多いです。森に囲まれた静謐な雰囲気と絢爛豪華な金色堂、やはりここは一度は訪れてみたい場所です。

中尊寺 関山 中尊寺

その後は柳之御所跡へ、ここは奥州藤原氏の館があった場所です。
北上川の畔にある史跡公園に立つと、平泉の野が見渡せます。平安時代末期にはここが奥州の首都だったわけですね、、風に吹かれながら暫し佇ずみました。

義経の館があった高館は柳之御所跡のすぐ北にあって、いまは小さな祠が残るのみです。

高館から望む北上川、松尾芭蕉もこの風景を見たのでしょうか。

2時間半ほどの滞在だったので見れなかった所もあるのですが、平泉の雰囲気は十分に分かりました。私にとって一度は訪れてみたいと思っていた場所なので、有意義でしたね。

hiraizumi.or.jp


■盛岡
平泉を後にし再び東北自動車道を走って盛岡へ、旅行初日は盛岡泊りです。
盛岡ではホテルは素泊まりにして、晩飯は繁華街へ出ます。訪れたのは大通二丁目にある「南部藩長屋酒場」。岩手県の地の食べ物、名産がいろいろ食べられそうなので選びました。

店内は民芸調の造りで落ち着けてよい感じ、お客さんも多いです。

この店では「盛岡さんさ踊り」の実演があるとのことでしたが、若い店員さん達が唄って踊るのですね。これが中々上手で、楽しめました。

ホヤ、北寄貝の刺身、南部漬物、ツブ貝のウニ和えなどを肴に地酒を飲みます。ホヤの刺身は初めて食べましたが、生臭みが全然なくて美味いですねえ、これは驚きです。締めは煎餅汁、あ~全部美味いなあ、満足です。

盛岡の夜は良いですね。ところで、ひとつ気になったのですが、店員さんの言葉が完璧な標準語なのですよ。「訛りがないですね」と言うと、「田舎の年寄りはいまでも訛ってますけど、若い人は訛らないですよ」とのこと。そうか、、しかし、広島では若い人でも多少は広島弁が入りますからね。盛岡の方が都会的だなあと思いました(笑)。

南部藩長屋酒場 盛岡市大通2丁目6−4
marutomisuisan.jpn.com


次の日の朝は早起きして、盛岡城跡を散策。南部藩14代の居城ですが、いまでも雄大な石垣が残っています。東北には大きな城が多いですが、ここもそうですね。

盛岡城 東北有数の総石垣造りの城<盛岡城>

お城の近くにある「白龍本店」へ。前の道は桜山神社の参道ですかね。まだ開店前ですが、店に着くとTV番組の取材クルーが来ていました。何かの取材のようですね。

ここは盛岡名物「じゃじゃ麺」発祥の店とのこと。嬉しいことに朝9:00からの営業なので、朝飯はこちらで食べます。

TVクルーは店の入口の席で撮影開始。レポーター役は見たことがない男性で、どこのメディアなのかは不明でした。それとは関係なく、一般のお客さんも次々に入ってきます。

出てきた「じゃじゃ麺」です。茹でた麺の上に肉みそ、キュウリ、ネギ、おろし生姜、紅生姜などの具がのっていて、色鮮やかです。

全体をよくかき混ぜて、好みで卓上にあるラー油、摺りおろしニンニク、酢などを加えて頂きます。麺はコシのない柔らかい"うどん"のような食感ですね。面白いなあ~。肉みそは仙台みそがベースだそうですが、甘みがあるのでラー油で中和して食べるのがよいなあ。

麺をほぼ食べ終わる頃、"ちーたんたん"をお願いします。具を少し残しておいて卓上の卵を丼に割り入れてかき混ぜ、店の人に渡すと、麺のゆで汁を注いで肉みそを足してくれます。これは玉子スープのような感じ、う~ん美味いわ。

麺とスープを両方味わうことによって、満足感が得られて完結する感じ。これは盛岡人が誇るべき地元の名物料理ですね。

白龍本店 盛岡市内丸5-15
www.pairon.iwate.jp

盛岡に来たのは初めてですが、緑が多くて美しい街でした。とても住みやすそうですね。この街には是非ともまた来たいですね。次回は"わんこそば"が食べてみたいです。

休日ドライブ 岩国・周東へ

休日に気分転換のドライブ、岩国市周東町に行って来ました。
旧山陽道の高森宿、宿場町としての往時の風情がいまだに残っていますね。お目当ての店に着くと道の反対側に見覚えのある建物が、、いまは市議会議員の選挙事務所になってましたが、ここはかってラーメン「麺や のぉくれ」があった場所ではないですか!「のぉくれ」は柳井に移転しましたが、ここには一度来たことがあります、懐かしいなあ~。


明治から続いた油屋旅館が2014年に旅館を廃業された後、レンコン料理とカレーの店として「油屋れんこん&咖喱」を開業されたとのこと。木造2階建ての建物は、古い旅館の雰囲気をそのまま残していますね。 

食事を頂くのは、かって旅館の食堂として使用していた和室で、中々趣があります。

私達はカレーを頂きます。こちらのカレーは、地産の高森牛の牛骨と30種類以上の野菜とスパイス、調味料で一週間かけて煮込んで熟成したというスープカレーです。私は"エビとキノコのカレー"、家内は"チキン&野菜のカレー"にしました。

うわ~これは具だくさんですね。油どおしされた野菜、エビフライはぷりぷり、カレーもスパイシーで美味いです。器と盛付けはちょっと田舎風なのですが、中々美味しいカレーでした。店の人も親切で寛げました。

この店の営業は金~月の週4日間、メニューは岩国名物のレンコン料理とカレーのみ。レンコン料理は事前の予約が必要とのことです。

油屋れんこん&咖喱 岩国市周東町下久原1343
aburaya-curry-iwakuni.business.site


せっかく周東まで来たので、少し足を伸ばして獺祭の旭酒造を訪れました。酒蔵とは思えない近代的な本社工場です。

7月の豪雨災害の時は、川の上流で山崩れがあり、川に流れ込んだ流木と土砂が工場の前にある橋に引っ掛かってダムのようになり、周辺一帯が水没したとのこと。

工場前の川の向いにある販売棟も被害を受けたとのことで、工場の玄関が仮店舗になっています。豪雨時の被害を写した写真が展示されていました。

仮店舗で"磨き3割9分発泡にごり酒"を購入しました、飲むのが楽しみです。

旭酒造 岩国市周東町獺越2167-4
獺祭の蔵元|旭酒造株式会社

しののめで憩う

10月になってだいぶ秋らしくなってきましたね。今日は仕事のほうでちょっと良いことがあったので、家内と二人でお祝いをしようと、こちらの店にやって来ました。
入口の扉を開くと、いつもと変わらぬご主人の姿、そして落ち着ける空間が広がります。

本日のネタ箱、いつもながら美しいなあ。まさに、美味しい魚の宝石箱!です。

今宵は松茸も置いてありました。国産?と聞くと、中国産ですとのこと。今年は松茸が豊作らしいですが、さすがに国産の松茸は使えないか。国産だと私も恐くて注文できないです。

突き出しは"タコの柔らか煮"、まずはビールで始めます。

刺身をおまかせで。ご主人が目の前で魚を捌いてくれるのを見るのは楽しいです。

ヒラメ、トリガイ、ハシラ、シャコ、秋刀魚など。ヒラメにはさっと湯通した肝が添えてあります、こういう仕事がいいですね。いまが旬の秋刀魚は脂がのって美味いです。

ここからは日本酒に変えます。酒も良いのが揃っていますよ。

せっかく松茸があるので、"土瓶蒸し"にしてもらいました。美味い魚のダシと松茸の香りが相まって、、もう陶然となる味。これは幸せです。

続いて"車海老の塩焼き"、活きが良いので生臭みは一切なくて、焼いた香ばしさが立ちます。

〆に握りを何貫か頂きます。この店では、食べたいものだけをお好みで頼んでも値段はリーズナブルなので安心です。

コハダ、アナゴ、煮ハマ、ゲソ、これでご馳走さま。

美味い魚に美味い酒、ご主人との会話も楽しいです。今宵もホントに満足しました。この店に来るのは数ヶ月に一度のペースなので、決して常連とまでは言えないのですが、私にとっては一番寛げる大切な店です。

しののめ 広島市南区東雲本町3-7-7