E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

獺祭 島耕作

7月の西日本豪雨の時には広島県下の呉安浦、竹原辺りの酒蔵は浸水して大きな被害を受けたのですが、山口県岩国市にある「獺祭」の製造元:旭酒造も、近くの川が氾濫し酒蔵が70cmほど浸水し、さらに3日間停電したため、品質保証ができず約70万本分の酒が出荷ができなくなったとのこと。
出荷できなくなった酒もテイスティングしてみると相応に美味しい、ただ「獺祭」として売ることはできない。この事態に協力を申し出たのが岩国市出身で漫画「島耕作」の作者:弘兼憲史で、島耕作のラベルをつけて販売してはどうかと提案したのだそうです。

販売価格は四合瓶で1,200円。「磨き 二割三部」(四合瓶で5,142円)、「三割九部」(同2,418円)「純米大吟醸50」(同1,539円)などの酒が1,200円(+税)で買えるのですが、更にこの中に3,000本だけ「磨き その先へ」という酒が入っているそうです。これは「獺祭」の最高峰ブランドで、通常価格は四合瓶でなんと32,400円!安倍総理が来日したオバマ大統領にプレゼントしたという酒です。もしこれが1,200円で買えたら宝くじに当たったようなものですが、ただし、ラベルに表示はされてないので、自分が手にしたものがどのグレードの酒かは分からないとのことです。

販売価格1200円のうち200円は、豪雨の被害の大きかった岡山、広島、愛媛、山口の自治体に均等に寄付されるとのこと。近年超有名ブランドになった「獺祭」ですが、地元の酒飲みの間での評価はちょっと冷めてきた感もあります。しかし、今回の「島耕作」の販売については、よい話だと思いますね。

獺祭 旭酒造
獺祭の蔵元|旭酒造株式会社


今回販売された「獺祭 島耕作」、私は親戚の方から頂きました。
せっかくなので日本酒に合う肴を揃えます。サザエの壺焼き、若イカの煮付け、小エビの塩茹で、小エビとキュウリの酢の物、インゲンのゴマ和えなど。

これが「獺祭」のどのグレードの酒か分からないのですが、すっきりして美味いです。まさか「磨き その先へ」ではないと思いますが、飲んだことがないので分からないです(笑)。

肴が美味いと酒もすすみます。わが家ではイカの煮付けは私が作ります。これは家内からも褒められるんですよね。瀬戸内の小エビの塩茹では食べ始めると止まりません。

サザエの壺焼きは磯の香り、肝の苦みと焦げた醤油の香ばしさが美味いです。家で焼くと熱々が食べられるのが良いですね。

いや~今宵は酒も肴も美味かったです。最近の日本酒は本当に美味しくなりましたね。

広島県下にも美味しい酒がたくさんあります。今回の豪雨で被災された「龍勢」@竹原、「白鴻」@安浦などの蔵元さんの一日も早い復興をお祈りします。

この秋の初サンマ

先週から始まった今シーズンのサンマ漁は豊漁とのこと。

近年の中国、台湾の乱獲でサンマは根こそぎいなくなるのでは、、と危惧していたので、これは嬉しいですね。ただ、サンマ資源が減少傾向にあることは変りないようで、これから先も注視する必要がありそうです。かってのニシンのようになってはいけませんからね。


この秋初めて入手した生のサンマ。大ぶりで、グリルで焼くと脂がたっぷり落ちます。

今宵の晩飯は”サンマの塩焼き”、”小エビの塩ゆで”、”枝豆”、”納豆・オクラ・山芋の三練り”、”キュウリと蟹肉の酢の物”などで、日本酒を飲みます。

”サンマの塩焼き”はスダチを絞って頂きます。うわ~脂がよくのっていて、これは美味いわ。腸の苦みもよいですね。やはり、サンマは秋の味覚の王様、最高です。

このサンマがいつまでも味わえるよう、日本人は努力しないといけませんね。

尾道 笑空の蕎麦

今日も良い天気なので、ちょっと遠出して尾道に行って来ました。

水面がきらきら輝く尾道水道、いつもと変わらぬ尾道の風景です。7月の豪雨災害以降、広島県下への観光客は減っているとのこと。尾道は直接的な被害は少なかったのですが、水源地が被害を受けてしばらく断水していました。しかし、いまはすっかり普段通りです。

向島への渡船乗り場から千光寺山を見上げます。いつもの日曜日であれば、この辺りの海岸通りも多くの人が歩いているのですが、やはり人が少ないですね。

しかし、「朱華園」まで来るとこの行列、いつもよりは短いですが50人くらいでしょうか。

尾道商店街を歩くと、"天ぷら中華"の「みやち」も地味に行列。徐々に観光客も戻りつつあるのかな。尾道は面白い街ですから、以前のように観光客に来てほしいですね。

今回、私達が訪れたのは「笑空」です。ここは11:30の開店ですが、11:15に到着すると店の前に待ち客はなし。やはり、いまは客が少ないのかな?

、、と思ったら、その後は続々と人が集まってきて、開店時には15人ほどの行列になりました。相変わらずの人気、早めに来て待っていて良かったです。

私は"辛味おろし"(大盛り)、家内は"冷がけすだち"を注文しました。
この店の蕎麦は細切りで少しざらついた食感。蕎麦の香りと旨味が十二分に味わえます。辛味ダイコンの辛味で胃が活性化、さっぱりと頂けます。仕上げに蕎麦湯を飲んで満足です。

こちらは家内の"冷がけすだち"です、私も少し食べさせて貰いました。まずはビジュアルが美しいですね。蕎麦、汁、スダチの3つが絶妙に調和して、これは完成された美味さ。シンプルですが一分の隙もない一品です。

尾道のグルメというと”尾道ラーメン”や”砂肝入りお好み焼き”、または瀬戸内の魚料理などになりますが、この「笑空」も超お薦め。「笑空」の蕎麦を食べるためだけに尾道を訪れる価値があると思います。

笑空 広島県尾道市土堂2-5-15


今日は尾道を歩き回りましたが、午後になるとかなり蒸し暑くなってきました。「からさわ」で"アイス最中"を買って、車中で食べながら尾道を離脱します。

"アイス最中"は注文してからアイスを挟んでくれるので、皮がパリッとして美味いのです。

からさわ 広島県尾道市土堂1-15-19
尾道プレミアムアイスクリームからさわトップページ


その後は海沿いの道を通って広島まで帰りました。途中、安浦などの豪雨被災地を通りましたが、かなり復旧作業が進んでいるものの、まだまだ時間が掛かりそうですね。一日も早い復興を願っています。