E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

ベーカリー SORA

阿品台を通り抜ける道は、2号線の宮島口辺りが渋滞している時の逃げ道として時々利用します。その道沿いに見つけたベーカリー。少し前に通り掛かってパンを買ったことがあるのですが、その時に見たランチメニューが良さそうだったので再訪しました。


ログハウスのような造りで、1階がベーカリー、2階がレストランになっています。

パンも美味しくて、値段がかなり安いです。こういう店が近所にあると良いですね。

ランチは3種類。料理の内容は日によって変わるようですが、メインの料理(パスタ、魚、肉)の他に前菜・パン(お代わり自由)・ドリンク・デザートが付いています。

まずは前菜の盛り合わせ、これが中々美味しくて盛り付けも綺麗。ご主人はベーカリーを開く前は洋食のシェフだったそうで、このあたり腕の良さが感じられます。

私は"パスタランチ"(1,490円)、家内は"お肉ランチ"(1,890円)です。

パスタは3種類から選べたので、私はシーフードと野菜のペペロンチーノにしました。エビ、夏野菜、豆など具がたっぷり、塩加減もばっちりで美味しかったです。

お肉料理は豚肩ロース肉のロースト。付け合わせの野菜がたくさんで、色鮮やかです。お店のパンがお代わり自由というのも嬉しいですね。

食後の飲み物は、私はコーヒー、家内はハーブティ。デザートもお洒落で美味しいです。

こちらのパンとランチ、かなりお薦めですよ。近所にあれば通うんですけどね。

SORA 廿日市市対厳山2-14-10
www.bakerysora.com

マツダスタジアム ナイター観戦

今シーズン3回目の野球観戦、今宵は広島-巨人戦です。

内野自由席だったので午後3時の開場に合わせて入場し、取りあえず席を確保しました。試合開始までは両チームの練習を見ながら、スタジアム内をうろうろして時間をつぶします。

旧市民球場時代からの名物、"カープうどん"。球場へ来たらこれを食べなきゃという人は多いです。昔と比べると種類が増えて値段もそれなりに高くなりましたけどね。

スタジアム内では球団オリジナルの「カープ飯」が色々販売されています。

この弁当もそうですが、売店では「選手プロデュースメニュー」というものがあります。例えば「丸のまるまるネギトロ丼」(丸佳浩プロデュース)、「大地が好きなフルーツ爽快ソーダ」(大瀬良大地プロデュース)とか選手名を冠した商品で、シーズン中に何度か入れ替わります。若干割高感はありますが、これは売れるよね。カープ球団は商売上手です。

www.carp-gurumet.com

いよいよ試合開始、この頃には観客が詰めかけてスタンドは満員になります。

マツダスタジアムの特長のひとつは、席の種類に関わらず誰でも自由に歩けて球場を一周できるコンコースがあることです。コンコースに沿って売店が並んでいるので、試合を見ながら食べ歩きをするのも楽しいですよ。

マツダスタジアムは左右非対称のちょっと変わった造り。席の種類も色々あって、野球観戦をとことん楽しむための工夫が随所にあります。

こちらはバーベキューテラス。バーベキューパーティをしながら試合が見れます。

外野にあるパーティデッキ。会社関係の飲み会などで使われることが多いですね。

コンコースを回遊しながら、いろんな角度から試合を見ることが出来ます。

スコアボードの裏は売店が並んでいて、「選手プロデュースメニュー」が買えます。

イベント広場には子供向けのアミューズメント器具が設置されていて、子供達に大人気です。大人から子供までいろんな楽しみ方ができるところも良いですね。

そして、何と言っても、カープを応援する時のスタンドの一体感がマツダスタジアムの最大の魅力ですね。見ず知らずの人ともカープの応援を通じて一体になれる、、これがプロスポーツの楽しみ方ではないかな。

試合のほうは乱打戦でしたが、カープの勝利!!今宵も「宮島さん」を歌いまくりました。

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島 
www.carp.co.jp

鮨 しののめ

家内が今週ずっと忙しかったので、今宵はその慰労会です。
久しぶりに「しののめ」にやって来ました。いつも訪れたいと思っているのですが、予約するタイミングが悪くて、暫らくご無沙汰してしまいましたね。


ご主人ともお久しぶり。居心地の良い空間で、やはりこの店は落ち着きますね。まずはビールで乾杯!ここに来たら美味しいものを頂きます。

突き出しはジュンサイ、こういう季節感は嬉しいですね。

本日のネタ箱。季節と仕入れの関係なのでしょう、いつもより魚の種類は少ないかな。

お任せの刺身を頂きます。タイ、アジ、サバ、シマアジ、甘エビ、シャコ、ホタテ、トリ貝、ヨナキ貝、どれも美味いです。

魚の仕入れは季節によって当然違ってきますが、6月はこれ!という惹きの強い魚がいない時ですね。敢えて言えばアジとかカツオ、ハモは走りの時期ですね。広島湾の小イワシ、生シラスも解禁ですが、これは鮨屋にとっては取り扱いが面倒でしょうね。

この日の日本酒のラインナップ。私は軽く節制中なので、たくさんは飲みません。この中から山口県の酒で「阿武の鶴 点と線(純米吟醸)」を選びました。

ハモの落としを肴にして「阿武の鶴」を飲みます。これはすっきりして飲みやすい酒ですね。その後は茶碗蒸し、締めに鮨を2貫、ヨナキ貝とアナゴを食べて、う~ん満足です。

美味しく飲んで食べて、お勘定は本当にリーズナブルです。
ご主人一人で切り盛りされているため、夜の予約は一日6人くらいまで。そのため急な予約は無理と思っていたのですが、皆さんそう思っているせいか、ご主人によると最近は意外に空いている日があるとのことです。思いついたら、取りあえず電話してみる手ですね。

しののめ 広島市南区東雲本町3-7-7