E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

三原・福山 ラ・ツアー

Tさん、Kさん夫妻とご一緒して、三原・福山へラーメン・ツアーに行ってきました。

一軒目は三原にある「塩そばまえだ」。実はKさん、Tさんはここは初めてとのこと、意外ですね。開店前に着いてシャッターする予定だったのですが、途中の道路状況で少し遅れてしまい、開店後に到着しました。店内は既に満席ですが店外の待ち行列はなし、直ぐに入店できたのはラッキーでしたね。

皆さんは初訪なので基本の"塩そば"、"梅塩そば"など。これはTさんが注文した"塩そば"+チャーシュー・煮玉子トッピングです。いつもながら綺麗な澄んだスープです。

スープの素材は、いりこ、昆布、かつお節、干し椎茸。開店当初はトンコツ、鶏がらも使っておられたと記憶しますが、現在は動物系の素材は使われてないようです。日々工夫して進化しているので、注意して見ていないといけませんね。

私は期間限定の"やさいの塩そば"にしました。冷たい麺とスープ、具として三原市久井にある梶谷農園産のスプラウトや食用花、その下には長芋とオクラの細切り、チャーシューの乱切りがのってます。見た目にも鮮やかな一品です。

「まえだ」のスープは冷やすと更に旨味が細かく味わえるように感じます。冷たい麺とスープで、今の季節の蒸し暑さをはらう素晴らしい一杯でした。

やはりここのラーメンは美味いです。いま広島県下で、わざわざラーメンを食べるためだけに一日掛けて来る価値があるのは、この店だけではないかな。

塩そばまえだ 広島県三原市宮浦3-17-8


さて、次の目的地は福山。そこに向かう途中、尾道「朱華園」の様子を見に立ち寄りました。
この日は休業前の最終営業日、凄い行列だろうと思ったのですが、、12:00頃に車で前を通ると、行列は意外と少なくて50人くらい。このところ連日100人-200人と聞いていたのでちょっと拍子抜けです。皆さん最終日は大行列と予想して敬遠したのかな。

このくらいの行列なら30分くらい並べば食べられそうだったのですが、この後行く福山の店の昼営業に間に合わないといけないので諦めて、店の外でお別れをしました。

"尾道ラーメン"も全国区の知名度になって、随分と店の数が増えました。しかし、私の中では"尾道ラーメン"といえば「朱華園」、その店がなくなるのは残念です。ただ、中途半端な形での復活ならして欲しくないし、むしろ良い思い出の中に留めておきたいですね。

朱華園 広島県尾道市十四日元町4-12


この日の2軒目は、福山にある中国料理「蓮華」です。
この店は最近とみに評価が高くて、一度訪れてみたかったです。店内は抑えた照明、中華料理店らしくない洒落た雰囲気で、料理はヌーベルシノワに分類されるようです。

麺類のランチメニューから選びます。いま冷麺を曜日替りで提供されていて、この日は"麻醤涼麺"(胡麻味噌味) 、これはTさんが注文しました。よく見ると麺ではなくて太めの春雨です。Kさん夫妻は"担々麺"と"酸辣拌麺"。いずれも汁なし、拌麺は"まぜそば"のことですね。私は「まえだ」で冷たい麺だったので、温かい麺が食べたくて"牛肉麺"を注文しました。

"牛肉麺”は予想外の物が出てきました。具は牛スジ肉、ホウレンソウ、青ネギ、パクチー。スジ肉からと思われる脂が浮いて、塩と醤油のシンプルな味付けです。中華というよりベトナムとかタイ料理という感じ。私が想像していたのは牛ばら肉をオイスターソースと八角で煮込んだようなものだったので、完全に拍子抜けでした。

今回は一品を食べただけなので、味の評価は出来ないですが、他の店とは違うご主人の創意は感じられます。中華料理というジャンルを越えた美味しい料理もありそうなので、またいつか再訪したいと思います。

蓮華 広島県福山市霞町1-5-6


その後は、道の駅や東広島にあるパン屋「ジョルジュ」などを回って広島へ帰りました。今日は楽しかったなあ。皆さんありがとうございました。

竹葉庵の天丼

今日は日曜日、家の掃除が早めに終わったので、気分転換に昼飯は車でちょっと遠出して宮島方面へ、廿日市宮浜温泉の端にある「竹葉庵」を訪れました。

良い天気なのでベランダの席に座りました。眼前には大野浦を挟んで宮島が見渡せます。

良い気持ちですね。この辺りは厳島神社などがある宮島の観光地からは離れていて、自然な海岸線が残っているところ。私は宮島でもこの辺りの風景が好きです。

この「竹葉庵」かっては西区古江にあり、その頃から人気店でしたね。蕎麦も美味いですが、うどんや丼物もあります。家内は"天ざる"を注文。この店の天ぷらは美味いので、これが一番の人気メニューですね。

私はこれまでこの店では蕎麦しか食べたことがなかったので、今回は"天丼"にしてみました。天丼には大きなエビが2本、それにシシトウ、シイタケ、サツマイモ、海苔など。それに"かけそばミニ"、小鉢、香の物が付います。

これは大正解。さっくり揚がった天ぷらに私好みの甘めの天つゆ、、美味いわ~。

私の好みのど真ん中、食べたかった天丼のイメージ通りの物が出てきて感激しました。これからは天丼はここで食べようかな。

竹葉庵 廿日市市丸石4丁目13-2

直島 アートの島を散策

岡山県の直島に行って来ました。宇野港でフェリーに乗り遅れて小型旅客船の方に乗ったのですが、乗客の9割以上が外国人。それも中国人よりも欧米の人が多いです。このところ欧米からの観光客は瀬戸内海がブームということですが、やはりそうなのですかね。

直島の宮浦港に着くと、草間彌生作の「赤カボチャ」が出迎えてくれます。

www.naoshima.net


私達はベネッセハウスに宿泊するので、島内を周期的に回っているホテルのバスに自由に乗ることができます。荷物も預かってくれるし、とても便利ですね。

■地中美術館
周回バスに乗って「地中美術館」にやって来ました。美術館の手前にチケットセンターがあって、まずはここでチケットを購入します。ネットでも購入できるのですが、チケットには入場時間指定があり、今回は到着時間が読めなかったので、その場で購入しました。

「地中美術館」はゆったり観覧できるように時間帯ごとの入場者を制限しています。入場まで30分待ち、チケットセンターのベンチでサイダーを飲みながら待ちます。

時間がきて100mほど離れた美術館まで歩きます。ここが入口、内部は迷路のような複雑な構造でした。この美術館は安藤忠雄の設計で、美術館自体がアート作品ということです。

一番印象に残ったのはクロード・モネの「睡蓮」でした。天井からの自然光による間接照明だけで作品を見るのですが、天気により時間により色彩が移ろって、いつまで見ていても見飽きませんね。ベネッセハウスの宿泊者は無料で再入場が出来るので、次の日も「地中博物館」に来て、モネの「睡蓮」を堪能しました。

地中美術館 | アート | ベネッセアートサイト直島


■ベネッセハウス・ミュージアム
直島で宿泊できるベネッセハウスは、ミュージアム、オーバル、パーク、ビーチの4棟があって、私たちはミュージアムに宿泊しました。

部屋は快適、大きなベランダが付いていて瀬戸内海が見渡せます。

ベネッセハウス・ミュージアムは美術館の中に宿泊施設があるという感じ。宿泊客は自由にミュージアムを観ることがでます。私たちはギャラリーツアーにも参加して、展示作品について説明を聞いたのでよく分かりました。

ベネッセハウスミュージアム | アート | ベネッセアートサイト直島

■テラスレストラン
夕食はベネッセハウス・パークに隣接するテラス・レストランへ。瀬戸内海が見渡せる窓際の席で、日が暮れていくのを眺めながら、ゆっくりを食事を頂きます。

一日歩き回ったので、冷えたビールが美味いわ~。注文したのはフランス料理のコース、前菜から始まってメインは牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。どれも美味しかったです。

最後にデザートを頂いて、すっかり満足しました。

食事の後は、パークの中に展示されている作品を案内してもらうナイトハイクに参加。ベネッセハウスはいろんなプログラムがあって楽しですね。

benesse-artsite.jp

ミュージアムに一泊して、朝食は部屋のテラスで持参したパンとコーヒーです。テラスから見渡す瀬戸内海は、朝靄が立って幻想的な風景でした。

ビーチにある草間彌生作の「南瓜」、背景には高松市街が遠望できます。


■李禹煥美術館
二日目は、まず「地中博物館」を訪れた後、こちらの「李禹煥美術館」へ。ここも作品と安藤忠雄の設計の建物の両方が組み合わさったアートです。私自身は現代アートはよく分からないのですが、まずもって一度は見てもいいかな。

李禹煥美術館 | アート | ベネッセアートサイト直島


■本村 家プロジェクト
直島は島全体が美術館のようなもので、いたる所にアート作品があります。本村エリアにある「家プロジェクト」、そこを歩いて回ります。

南寺は一回に中に入れる人の数が決まっているので、混んでいる日は予約が必要です。中に入ると、ちょっと言いようのない空間と時間、、これは体験してみて下さい。

元々は何の変哲もない瀬戸内海の島の一集落、広島生まれの私にとっては見慣れた風景です。

家の軒先には燕の巣、子供の頃によく見た風景がここには残っていますね。

家プロジェクトは、集落の建物を生かして、いろいろと面白いシーンがありました。

それぞれユニークな名前がついてます。「角屋」「碁会所」「石橋」「歯医者」など。

benesse-artsite.jp

いや~面白かったなあ。直島は超有名なので、広島在住の私の周囲の人はほぼ訪れてますが、私はこれまで現代アートには興味がなかったので初めてでした。しかし、島全体がアートの展示場というのは凄いですね。皆さんが賞賛している訳がよく分かりました。