E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

クリスマスチキン2019 油鶏

いよいよ年も押し詰まって、今日はクリスマスイブ。子供たちが家を出てからはツリーとかは飾らなくなりましたが、いまでも家内が控えめなクリスマス飾りをしてくれます。

クリスマスといえばチキン。わが家でもクリスマスにはチキンを食べるのが習慣なのですが、今年は新しい試みとして、ちょっと捻って中華風にしました。「油鶏(ヤオカイ)」といって、丸鶏を醤油、紹興酒、八角などの香辛料で煮るものです。

まずは、丸鶏がちょうど入る大きさの鍋を用意します。調味料は、醤油、紹興酒、水、砂糖、長ネギ、ニンニク、ショウガ、シナモンスティック、八角、赤唐辛子。

調味料を煮立たせてから、丸鶏を背中を下にして入れ、時々煮汁を掛け回しながら弱火で20分煮ます。鶏を裏返して、さらに20分くらい。火を止めて蓋をしてしばらく蒸らします。

これで出来上がり。鶏を取り出した後、残った煮汁はさらに煮詰めておくと、いろんな料理に流用できる美味しいタレになるそうです。

大きめの鶏だったので、二人で丸一羽を食べるのは無理。今宵は胸肉の部位だけを切り分けて、北京ダック風にアレンジして食べることにしました。

具を包む餅皮は手作りして、鶏肉と野菜(白髪ねぎ、キュウリ、水菜など)を餅皮で包んで甜面醤を付けて齧り付きます。

う~ん、これは御馳走。香辛料で煮た鶏肉の風味、塩加減も丁度よくて、野菜はしゃっきり、餅皮のもちもちした食感もよいですね。美味かったです。

油鶏はまだたくさん残っていますが、結構日持ちもするようです。これからしばらく、いろんな食べ方が出来そうですね。