E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

田園合宿

広島県下旧佐伯町内のとある民家、周囲は田んぼに囲まれています。今回はいつも参加させて頂いているキャンプメンバーの集まりで、ここをお借りしての合宿生活。参加者は7名で、私と家内は1泊2日の参加ですが、他のメンバーは2泊3日の共同生活です。こちらの民家はある人達が共同で運営されている施設なのですが、部屋数も多く、しかもバリアフリーの造り。台所も広くて、調理道具、食器は何でも揃っています。10〜15人程度が共同生活するのに十分な設備ですね。
民家の周囲は一面の田んぼ、青々とした稲穂が風に揺れています。田んぼの側の水路には冷たくて透き通った水が滔々と流れていて、、いや〜これぞ日本の原風景、やはり日本は瑞穂の国だと思います。今年は日照が良いので、お米は豊作でしょうね。田の上を渡ってくる風は甘く優しくて、都会とはまるで空気が違います。こちらの民家も家の中を風が通るので、クーラーは要りません。

晩飯は各自が色々な料理を作って、ワイワイ喋りながら頂きます。出てきた料理は、鶏肉とチーズの燻製、鶏皮せんべい(鶏皮をカリカリになるまで炒めてラッキョ酢と唐辛子で味付け)、ゴーヤチャンプル、ソーメン瓜の三杯酢和え、トムヤムクンスープ(ビーフン入り)等など。他にもあったはずですが、料理を作る時からお酒を飲み始めるので、料理が出来る頃には自分自身もすっかり出来上がっているという按配で、よく覚えていません(笑)。食べて飲んでお喋りしてということで、楽しい時間を過ごしました。

私と家内は、初日の夕食、2日目の朝食、昼食をご一緒しました。私が作ったのは、【夕食】△ゴーヤチャンプル、×明石焼き、【朝食】△目玉焼き、【昼食】○タコ焼き、△そば粉のガレットです。明石焼きは生地の調合が悪かったのと、かなり酔っぱーになっていたのとで、上手く形にならなかったです。これは大失敗。しかし、2日目の昼に作ったタコ焼きはよかったですね。焼きたてで熱々のタコ焼きはビールによく合います。そば粉のガレットは具にチーズとハムを入れました。生地の具合は悪くなかったのですが、道具に問題があり。生地を薄く延ばすためのヘラを用意すればよかったです(後で気がつきました)。今回は準備不足で私の料理は今一だったのですが、皆さん優しいので、美味しいと言って食べてくれたので助かりました。次回はちゃんと準備をしておかないといけませんね。

今回も皆さん有り難うございました。またお会いできる機会を楽しみにしております。