E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

蛇喰磐 キャンプ

5/2〜5/4の2泊で、広島県と山口県の県境を流れる小瀬川の上流にある蛇喰磐にキャンプに行って来ました。
ここは岩の形状が面白いというか、そこ彼処に丸い穴が開いているのですが、この穴は近くの三倉岳に済む大蛇が食べたという伝説から蛇喰磐と呼ばれるのだそうです。流れる水は透き通ったエメラルドグリーンでとても奇麗です。夏には川遊びをする家族連れで賑わいますが、今の季節はキャンプ客が少しいる程度。私たちはプレイパーク蛇喰という施設でバンガローを借りて宿泊しました。


このバンガローなのですが、長らくシーズンオフだったせいか手入れが悪くて、エアコンに蜘蛛の巣が張っていたり蛍光灯が切れていたり、、布団も置いてないので寝袋持参です。6畳の板敷きに大人6人が寝袋で寝るのですが結構キツキツで、久々に板の間に寝たせいか体の節々が痛かったですね(笑)。

このグループのキャンプは、各自が思い思いに料理を作って食べるのが楽しみです。6人で作業を分担して、2泊3日合計6回の食事を作りました。一食終わって片付けが済んで暫くするとまた次の食事の準備、、ずっと料理ばかりしているような感じですが、それが楽しいです。
今回登場した料理は、水餃子、ホルモンうどん、コショウ鍋、鶏皮カリカリ焼などなど。キャンプの主催者のKさんは、得意のダッチオーブンで燻製を作ります。鶏肉やチーズなど燻製にすると、やはり一味違いますね。他にも皆が持ち寄った珍しいものが色々とありました。料理をしながら酒を飲んで、お喋りをして、一日が過ぎていきます。




3日間好天に恵まれたので、快適に過ごせました。明け方は少し冷えましたが、日中は汗ばむような陽気でしたね。バンガローには小さなユニットバスが付いていたのですが、大人が入るにはちょっと狭いので、お風呂は車でスパ羅漢まで行きました。午前中のスパは入浴客も少なくて、ゆったりと入れて良かったです。
今回も楽しい時間を過ごすことが出来ました。皆さん有難うございました。