E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

令和の東京遊覧(その3)

旅行三日目、朝起きてホテルの窓から外を見ると今にも雨が降りだしそうな天気です。この日は旅行の最終日、荷物はホテルのクロークに預けて出発です。

小雨が降る中、新橋から日比谷方面へ歩いて日比谷シャンテにやって来ました。そこに現れたのはゴジラ!これは昨年3月に出来た日比谷の新名所だそうです。そういえば、映画「シン・ゴジラ」で、最後にゴジラが固められたのはこの付近でしたよね。

朝食は日比谷シャンテ内にあるベーカリー「ル・プチメック」です。

この店には広いイートイン・スペースがあるので、まずパンを選んでからコーヒーを購入し、席に座ってゆっくりと朝食を頂きました。東京でも人気の高いベーカリーとのこと、さすがに美味しいパンでした。

ル・プチメック 日比谷店 東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 1F
lepetitmec.com


その後、銀座から地下鉄で浅草へ移動しました。平日ですが、やはり観光客は多いです。

雷門の周りは観光客でごった返してしいて、そのほとんどが外国人です。今回の旅行中はどこに行っても外国人で溢れていました。これは喜ぶべきことではあるのですが、逆に日本人観光客が締め出される感もあって、ちょっと微妙ですよね。

浅草の街を歩いて六区にやって来ました。ここは戦前から映画館や演芸場などが集まる東京一の歓楽街だった場所です。私達は寄席を見るために訪れました。

浅草演芸ホールは席の予約は出来ず、当日券のみの販売です。折角なので良い席で見ようと、11:00の開場を目指して30分前に並びます。

開場時間を待っていると、不意に目の前にワンボックスカーが停まって、中から人が降りてきました。直ぐに分かりますね、笑福亭鶴瓶さんです。カメラマンを従えているので「家族に乾杯」か?と思いましたが、どうやら違うようです。演芸ホールに出演の予定もないので、何か別の取材だったのでしょうか。鶴瓶さんは意外と小柄ですが、TVで見る通りの人でした。思いがけず有名人を間近で見れたのはラッキーでしたね。

11:00に開場して、前から5列目の真ん中辺りの特等席に座ることが出来ました。始めのうちは知らない芸人さんばかりですが、中入りの前には笑福亭鶴光、桂米助、ナイツ、三遊亭小遊三といった有名どころが登場。いや~面白かったなあ、久しぶりに大笑いしました。

浅草演芸ホールは昼の部と夜の部の入れ替えもないので一日中見ていられますが、私達は帰りの時間があるので、昼の部の中入りでホールを後にしました。東京にはこういう定席があるので羨ましいです。

浅草演芸ホール 東京都台東区浅草1-43-12
www.asakusaengei.com


寄席を見た後は、少し遅めの昼飯、「並木藪」にやって来ました。ご存知の通り東京の蕎麦店でも最も有名な店のひとつですね。いつも行列の絶えない店ですが、さすがに平日の午後3時ということで、待たずにすっと入れました。

酒は菊正宗の樽酒、肴に蕎麦味噌が付いてきます。う~ん美味い、昼酒は滲みますね。

続いて"ざるそば"です。しかし、ここの蕎麦を頂くのは何十年ぶりだろう。

しゃっきりとして喉越しのよい蕎麦、甘みが少なくてきりりとした汁、言うことなしですね。もちろん、もう一枚お代わりしました。

こちらは"てんざるそば"です。ざるそばとは違う甘みのある汁、こういうところまで気配りをされているのですね。えび天がカラリと揚がっていて香ばしいです。

酒も蕎麦も天ぷらも全て美味しかったなあ。接客も行き届いていて申し分なし、本当に全てに満足しました。やはりここは名店ですね。

並木藪蕎麦 東京都台東区雷門2-11-9


その後は、日本橋でお土産を買って、新橋のホテルへ寄って預けていた荷物を受け取ってから羽田空港に向かい、広島に戻りました。
今回の東京旅行、慌ただしく計画したので事前の準備が十分ではなかったし、歩きに歩いた三日間でした。結構疲れましたが楽しかったです。東京はワンダーランド、これからも年に一度くらいは行って刺激を受けないといけませんね。