E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

しののめ フグ尽くし

お馴染みの「しののめ」へ、多陀志さんとご一緒しました。

本日のネタ箱です、いつもながら美味そうな魚が並んでいますね。でも今宵はお任せの刺身は注文しないで、締めに鮨を何貫か食べるだけにします。お目当ては別にあります。

生ビールで乾杯、つき出しは"ホタルイカの沖漬け"。まずは心を落ち着けます。

今回のお目当ては"フグ"。多陀志さんがリクエストして、特別に用意して貰いまいした。もちろん「しののめ」のご主人はフグの調理師免許をお持ちです。

最初に"フグ刺し"。フグの身はケチケチせずに厚めの切り方ですが、これが良いです。しっかり&ねっとりとフグの身の歯ごたえ、旨味も十二分に味わえますね。湯引きした皮のこりこりとした食感も良いです。フグは毒のある血を上手に除けば、体中いろんな部位が楽しめます。この辺りがご主人の腕の見せ所ですね。

仕入れたフグが雄で白子があったとのこと。これはラッキー、嬉しいです。
"フグの白子の塩焼き"、噛むとミルクのような白子が迸って、、う~ん美味いわ、なんという贅沢だろう。フグの白子は最高、美食の王様ですね。

続いて、"フグのアラの塩焼き"。身がはじけて生臭みは一切なし、酒がどんどん進みます。

"ヒレ酒"も飲みます。化調を溶かしたかのような濃厚な旨味ですが、これはもちろん自然の味わい。いやらしさはなくて、純粋に旨味だけが濃縮された感じですね。

いや~美味かったなあ。こんなに美味いフグを食べたのは久しぶりです。

鮨もいくつか頂きます。キス、赤貝、トリガイ、中トロ、アナゴ、活け車海老。

最後にこの店の名物の"玉子焼き"です。ご主人が玉子を焼き始めると、店にいる客は全員注文します。この店の玉子焼きは熱々ふわとろで最高に美味いですよ。

いや~大満足の夜でした。お勘定も驚くほど安かったです、ご馳走さまでした。多陀志さん、お誘い頂きありがとうございました。

しののめ 広島市南区東雲本町3-7-7