E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

東北旅行(その7)山形市・仙台

蔵王を山形県側に下って山形市内に入りました。
少しだけ市内観光ということで山形城へ。戦国時代は有名な最上氏の居城でしたが、江戸時代に最上氏が改易された後は次々に城主が入れ替わりました。明治以後は陸軍の駐屯地となり、戦後は城内に野球場、プール、体育館、博物館などが作られましたが、近年古絵図などを元にかっての姿を復元するプロジェクトが進行しているのだそうです。

こちらは復元された本丸一文字門。現在は本丸内部の発掘調査が行われていますが、この復元プロジェクトによって、かっての山形城の威容が甦ったら素晴らしいですね。

■山形 冷やしラーメン
山形といえば名物の"冷やしラーメン"、行ったのは元祖の店「栄屋本店」です。

休日は行列必至の人気店だそうですが、私達が訪れたのは平日のPM2時過ぎだったので、店内はわりと空いていました。私達は奥の座敷席に座りました。

品書きを見ると、ラーメン以外にうどん、そば、丼物等いろいろあります。さらに、ラーメンだけでも温かい/冷たい合わせて40種類以上、もう何でもありという感じ。しかし、わざわざこの店に来たのだから、やはり基本の"冷しらーめん"を注文しました。

さて、その"冷しらーめん"ですが、スープはチャーシューを煮込んだ醤油ダレと鰹と昆布のだし汁をあわせたもの。スープに浮いている植物性の油はゴマ油と白絞油をブレンドしたものだそうです。麺はストレートの中太麺、具はメンマ、キュウリ、カマボコ、チャーシュー、海苔、モヤシ、ネギです。

ある意味想像通りの味でしたが、冷たいスープにしゃっきり麺でという組み合わせはよいですね。これはこれで「あり」と言うか、中々美味かったです。私は気に入りました。

www.sakaeya-honten.com


その後、山形市を発って自動車道を使って仙台に戻りました。
まずは仙台城へ。私自身は二度目ですが、本丸跡に以前はなかった大広間の遺構表示や、無料の資料館が出来たりしています。伊達政宗の騎馬像は変わりませんね。

仙台城本丸跡から仙台の街を望むと近代的なビルが増えましたね、街の規模は広島と同じくらいかな。地方の政令指定都市で、プロ野球球団もあったり、似ている感じがします。

六日目の泊りは仙台駅近くのホテルです。ホテルにチェックインしてから、今回の旅のお土産を買うために街に出ました。晩飯は仙台の夜を楽しむつもりだったのですが、デパートなどを回って買い物をしたら疲れてしまいました。

結局、仙台駅ビルの中にある「牛タン通り」で簡単に済ませることにしました。

仙台で牛タンを食べる時は、牛タン、テールスープ、麦飯をセットにした定食が基本みたいですが、私達は取りあえずビールが飲みたかったので、牛タンの塩焼きとテールスープを単品で注文しました。しかし、さすがに仙台。この牛タンがとても美味かった。

牛タンの切り方、熟成具合、塩加減、焼き加減、何か秘密があるのでしょうね。本当に美味しかったです。次の機会には、有名店を食べ歩いてみたいです。


旅行七日目(最終日)、お昼12時の飛行機で広島に帰ります。
時間が限られているので仙台市内をぶらぶらします。勾当台公園の辺りは、県庁や市役所が立ち並ぶ官庁街。公園ではフリーマーケットの準備をしていました。

早い時間なので、一番町通りも人通りも疎らですね。10時になって店が開き始めたので、「玉澤総本店」で"ずんだ餅"を購入しました。

勾当台公園のベンチで"ずんだ餅"を食べます。ずんだのシャリシャリした食感が良いです。


その後は仙台空港へ向かいました。レンタカーを返却して、広島行きの飛行機に搭乗。
6泊7日の東北旅行でしたが、美しい風景を見て、美味しいものを食べて、いろいろ楽しかったなあ。東北は本当に良い所ですね。一度だけでは回り切れなかった所がたくさんあるし、また来たいですね。次は地域を絞って、じっくり滞在できるような計画を考えようと思います。