E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

しののめで憩う

10月になってだいぶ秋らしくなってきましたね。今日は仕事のほうでちょっと良いことがあったので、家内と二人でお祝いをしようと、こちらの店にやって来ました。
入口の扉を開くと、いつもと変わらぬご主人の姿、そして落ち着ける空間が広がります。

本日のネタ箱、いつもながら美しいなあ。まさに、美味しい魚の宝石箱!です。

今宵は松茸も置いてありました。国産?と聞くと、中国産ですとのこと。今年は松茸が豊作らしいですが、さすがに国産の松茸は使えないか。国産だと私も恐くて注文できないです。

突き出しは"タコの柔らか煮"、まずはビールで始めます。

刺身をおまかせで。ご主人が目の前で魚を捌いてくれるのを見るのは楽しいです。

ヒラメ、トリガイ、ハシラ、シャコ、秋刀魚など。ヒラメにはさっと湯通した肝が添えてあります、こういう仕事がいいですね。いまが旬の秋刀魚は脂がのって美味いです。

ここからは日本酒に変えます。酒も良いのが揃っていますよ。

せっかく松茸があるので、"土瓶蒸し"にしてもらいました。美味い魚のダシと松茸の香りが相まって、、もう陶然となる味。これは幸せです。

続いて"車海老の塩焼き"、活きが良いので生臭みは一切なくて、焼いた香ばしさが立ちます。

〆に握りを何貫か頂きます。この店では、食べたいものだけをお好みで頼んでも値段はリーズナブルなので安心です。

コハダ、アナゴ、煮ハマ、ゲソ、これでご馳走さま。

美味い魚に美味い酒、ご主人との会話も楽しいです。今宵もホントに満足しました。この店に来るのは数ヶ月に一度のペースなので、決して常連とまでは言えないのですが、私にとっては一番寛げる大切な店です。

しののめ 広島市南区東雲本町3-7-7