E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

広島のお好み焼き

今年の夏は異常な暑さで、夏の間はしばらく"お好み焼き"から遠ざかっていました。お好み焼き店は冷房が効いてないところが多いし、それでなくても鉄板の前は暑いですからね。

■柚香@段原
しかし、9月になってさすがの猛暑も納まってきて、そうなるとやはり"お好み焼き"が恋しくなります。この店は仕事場からも近いですし、いま私が最もよく行くお好み焼き店です。

基本の"そば肉玉"。この店は、そばを鉄板に大きく広げて焼いた後で、本体と合体させる作り方です。そばがぱりっと香ばしくて美味しいです。

夕方仕事帰りに、お好み焼き&ビールというのもいいですよ。

柚香 広島市南区段原3-21-6

広島のお好み焼きの店は店舗の中に大きな鉄板があって、客はその鉄板の周りに座って、店の人が焼いてくれたお好み焼きを鉄板から直接ヘラで切り分けながら食べるのが基本の形です。食べ終わるまで熱々で、食べている間に更に焼きが進むので、その変化も含めて楽しめます。ただし、繁華街ではお好み焼きをお皿に取ってテーブル席で食べさせる店もあるのですが、私は好きではないですね。
お好み焼き店はどこの町内にも数軒あって、誰でも自分の行きつけの店があります。かっては、家の一部を店舗にして、おばちゃん1人で切り盛りしているようなところが多かったのですけど、最近はそういう店が少なくなってきたのは寂しいですね。


■まる麺 本店@東蟹屋
この店は私の一押しのお好み焼きですが、いつも客が多いので普段使いは中々難しいところ。お好み焼き用のそば等を作っている磯野製麺の工場の2階にあって、テーブル席からはガラス窓越しに1階の製麺所が見降ろせます。

有名人も訪れていて、店内にはサイン色紙が多数飾られていますね。

私が注文するのは、いつもの"そば肉玉+野菜W+青唐辛子ねぎ"。生地を返してから押さえつけ過ぎず、キャベツがふんわり。最近のお好み焼きはキャベツ重視でモヤシの量が少ない店が多いのですが、ここはモヤシが多めなのも私好みです。

とてもバランスのよいお好み焼きで、美味いですよ。

まる麺 本店 広島市東区東蟹屋町18-15 磯野製麺2F
www.maru-men.jp


私が子供の頃、お好み焼きというと基本は"そば入り"、"うどん入り"で、それにオプションとして豚三枚肉、玉子、イカ天が入る程度でした。しかし、最近は生イカ、エビ、カキ、チーズ、スジ肉などトッピングの具材が増えてきました。また、新しいタイプとしてダイコンおろしをのせたり、塩味やトマト味のお好み焼きなども出てきて、なんか「お好み焼き新時代」という感じですね。

■ロペズ@横川
こちらの店、お好み焼きというよりカジュアルなレストランといった外観です。有名な店なのですが、土日休みで昼営業は火・金のみ、中々機会がなくて今回始めて訪れました。

ご主人のロペズさんはグァテマラ出身。広島の有名店「八昌」@薬研堀で修業したのち、独立されたとのこと。とても気さくな方で、お客さん皆に声を掛けていました。

私がお好み焼きの写真を撮ったのを目敏く見つけて、ロペズさんが「写真を撮ってあげよう」とのこと。ちょっと恥ずかしかったですね。

"そば肉玉+ハラペーニョ"です。「八昌」の生地は普通の店より厚くてぼてっとしているのですが、この店の皮は通常の厚みですね。ハラペーニョをのせるのはこの店のオリジナル。お好みソース味に辛味と酸味が加わって、味の変化が楽しめます。

この店を発祥として、最近は他の店でもハラペーニョや青唐辛子などをトッピングに加える店が増えてきました。その他に、赤唐辛子やハバネロを練りこんだ麺、激辛ソースなど、お好み焼きのジャンルとして辛口が流行りつつありますね。

ロペズ 広島市西区楠木町1-7-13


広島のお好み焼きも全国に知られるようになって、最近「広島焼き」という呼び方をよく聞きます。でも、これは広島人にとってはとても奇異に聞こえます。例えば明石の人達が「玉子焼き」のことを「明石焼き」と呼ばれると、同じような気持ちになるのかな。
私達にとってはあくまで「お好み焼き」なので、敢えて他所のお好み焼きと区別したい時は「広島のお好み焼き」で良いのではないかと思います。