E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

三段峡 渓谷歩き

今年の夏は異常な暑さで、日中に長時間戸外に出るのは避けていました。休日も車で移動して屋内で過ごすことが多いので、ずっと運動不足です。
先日のお盆合宿の時に万古渓に行ったのですが、渓流だったら木陰が多いし、涼しくて歩きやすいことに気が付きました。そういう訳で、今日は安芸太田町にある三段峡を歩きます。

三段峡は全長13kmにおよぶ長い渓谷ですが、今回は三段峡入口から黒渕まで、往復で5km余りを歩くファミリーコースです。

ずっと木陰が続き、傍らに渓流が流れて、気持ち良くて歩きやすいですね。

黒渕には渡船があるので、それに乗りました。船頭さんの話を聞きながら景色を眺めます。透き通った碧い水、両側に切り立った断崖が見ものです。

黒渕の洲に到着。ここには茶店もあり、家族連れが水遊びをしています。

7月の豪雨災害で三段峡は大きな被害はなかったそうですが、やはり渓流には常に周辺の山から土石が流れ込むので、淵の部分は定期的な浚渫が必要。清流を維持するための日常の管理は大変とのことでした。

河原の石に腰かけて持参した弁当を食べます。これは来る途中の道の駅「来夢とごうち」で買ったもの。黒淵にある茶店でも、おむすびや山女魚の塩焼きなどを売っていたので、こちらで買ってもよかったですね。

歩いてお腹も空いているし、清々しい渓流の眺めながら食べる弁当は美味しいですね。

緑の木々を眺めながら、木陰を歩いて気持ちよく汗をかいて、渓流のマイナスイオンも浴びて、、本当に良い気分です。今日はリフレッシュできました。

www.akioota-navi.jp