E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

世羅のごもくめし

良い天気だったので久々にドライブ、ちょっと遠出して世羅町に行って来ました。

ここは三川ダムによって出来たダム湖(神農湖)です。道の駅世羅を経由してナビに目的地の住所をセットして向かったら、ダムの堤の上を通る狭い道に誘導され難儀しました。実際にはダム湖の南側から入る道があって、そちらが通常の経路とのことです。

ダム湖の湖畔にある「久恵風穴の里 ごもくめし」、大妻女子大学の創立者:大妻コタカの生家を移設・改築した住宅です。元々あった場所はダム湖に水没したので、こちらに移したとのこと。住宅の傍にはコタカの胸像もあります。
店舗としての営業は、4月~11月(12月~3月は休み)の金・土・日曜、11:00~16:00(食事は11:30~14:00)とのことです。

古い日本家屋の座敷が客席になっていて、そこで食事を頂きます。

部屋の鴨居にはコタカに関わる写真や、大妻女子大学の校訓「恥を知れ」や「清く正しく美しく」などの額(自筆?)が所狭しと掲げられています。

料理は地元の旬の山野菜を食材とした手作りのもの。15種類ほどの小鉢に、茶わん蒸し、ご飯、デザートが付いたコース料理(2,160円)のみです。

野菜中心の料理の中で、メインはこちらの"酢豚"になりますかね。豆ご飯のお代わりは自由で、どの料理も美味しかったです。

デザートは古代米の"おはぎ"。素朴な甘さでした。

店のご主人と思しき年配の男性が、この店の由来やコタカさんのことなど、関係する本や冊子を客に配って見せながら話して下さいます。「ごもくめし」という店名は、コタカの著書からとったもののようですね。ミシュランガイド広島・愛媛2018版にも掲載(ビブグルマン)、おめでとうございます。

久恵風穴の里 ごもくめし 広島県世羅町川尻914-1 ブログ: ごもくめし
r.gnavi.co.jp