E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

4月の鯛は美味い

鯛の旬は2月~4月。5月が産卵期で、産卵前の4月は鯛が最も美味しい季節ですね。

呉の義母さんから良い鯛を頂いたので、わが家は鯛づくしです。今宵は鯛の身のサクを刺身にしました。私が切ったのでちょっと不揃いですが、透きとおった身が綺麗です。

ねっとりした食感で旨味たっぷり、脂ののりも丁度良いです。

兜の部分は酒蒸しにして、皮は塩焼きにしました。皮の部分も脂がのってねっとりとして、本当に美味いです。これは酒の肴に最高ですね。

白ネギを敷いて生姜を効かせて酒蒸し、それに木の芽を添えます。良い鯛であれば、頭の部分の食べ方としてはこの調理法が一番だと思います。

ポン酢醤油で頂きます。生臭みは全くなし、身がとろりとして、これはもう美味いと言う以外ありません。鯛の出汁を吸った白ネギがまた美味いですね。

残ったアラは鯛汁にしました。鯛の出汁は他の何ものにも比べられないくらい上品な旨味がありますね。鯛は頭から尻尾まで、本当に捨てるところがない魚です。

いや~美味かった。やはり鯛は魚の王様です。とことん味わって満喫しました。