E級日記

もんがーのE級的生活の記録です

手作り餃子

"突発性餃子食べたい病"、これは私の持病で、定期的に起こります。
今日も発症してしまったので、やむを得ず"餃子"を作りました。今回は最近の改良版レシピではなくて、ニラを入れる従来の作り方です。

材料は豚ミンチ肉、キャベツ、白菜、ニラ、ネギ、ショウガ。キャベツと白菜は下茹でしおきます。材料を全て微塵切りにし、それにゴマ油、オイスターソース、酒、塩少々を加えて混ぜ合わせます。ニンニクは基本的には入れません。エビや干し貝柱を入れることもありますが、これもなくてよいと思います。

餃子を包むのは面倒な作業ですが、これはビールを飲みながらのんびり行います。私はこういう単純作業は嫌いではないので全然苦になりませんね。

焼き方には拘りがあって、油を引いたフライパンに餃子を並べて、しばらく焼いた後、小麦粉を薄く溶いた水を加えて蓋をして蒸し焼きにします。焼くのは片面だけ、そうでないと綺麗に焼けません。水が飛んで溶いた小麦粉の皮が茶色になってきたころが頃合い、フライパンに皿を被せて、えいやっとひっくり返せば出来上がりです。

ありゃ、ちょと焼き過ぎてしまった。本来は軽く焦げ目がつく程度が良いです。

餃子のタレは塩にサラダオイル、それにラー油を少し垂らしたもの。これは中国の人に教えてもらった食べ方ですが、肉の味がしっかり感じられて美味いですよ。

皮の中から肉汁が迸ります。ニラとネギをしっかり補給すると、身体も暖まって元気になりますね。