E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

伝説の魚介ラーメン

今年の夏合宿の宿舎は、周防大島の中でも橘町にありました。ということは、この店は宿舎の直ぐ近く、、これは行くしかないでしょう。いざ、伝説のラーメンを食べに!

この店の営業時間は11:00~14:00?位かな。私たちの宿舎からは歩いて5分、合宿2日目の昼飯ということで11:30頃に到着すると、わゎわん、既に10人以上の行列が、、油断した~。せっかくの地の利を活かせなかったけれど、ここは回転が早いので、15分ほどの待ちで入店できました。

昭和の雰囲気が溢れる店内、同行の皆さんも伝説の意味が分かってきた様子です。

出てきた"中華そば"(600円)、全然変わってないなあ、、黄金色のスープが美しいです。丼に顔を近づけると、ふんわりと"いりこ"の香りが立ち上ります。これこれ、この香りだよ!スープには動物系の食材は一切使われていないという説もありますが、そこはよく分からないなあ。チャーシューに使う豚肉の茹で汁とかは入っているかもしれないと思います。

具は甘い味付けのチャーシュー、モヤシ、青ネギのみ。麺は意外と太くてつるりとしたストレート。細麺でないところが却ってこのスープには合っていると思います。近年煮干し系ラーメンは人気が高いですが、この"中華そば"は原点の味というか、本当に昭和の懐かしい味がしますね。

こちらの店に来るのは3回目ですが、変わらぬ雰囲気、変わらぬ味、変わらぬ人気。
最初の日、暖簾が出ていない時間帯に店の前を通ったので、営業しておられるのか?一瞬不安を感じたのですが、全くの杞憂でした。いや~いつまでも営業して頂きたい、この地域の宝のような店だと思います。
たちばなや食堂 山口県大島郡周防大島町大字西安下庄真宮1-1