関白 テールラーメン

今日は呉に来たので、昼飯はこちらを訪れました。ここは呉に古くからある焼肉店です。
ちなみに焼肉店で出すラーメンは美味しいというのは定説ですが、それは肉の端切れやスジ肉などがスープに利用できるということがあるのでしょうね。私自身は10年ぶりくらいの再訪になります。

年季の入った店内、、ジンギスカン焼きが名物の店ですが、もうひとつ牛テールスープのラーメンも有名です。お昼の営業時間だったので、私たち以外の客もすべてラーメンまたはラーメン定食を注文していました。

これがこの店のラーメンです。白っぽいスープに、具はチャーシューの代わりに茹でた豚バラ肉、それに白菜の漬物と青ネギがのっています。このスープに卓上にあるレモン汁を掛け回して頂きます。

麺は細いうどんくらいの太さがあってボソボソとした食感。カンスイを使ってないのかな、白っぽい麺ですね。スープは牛テールとのことですが、現在はどうなのだろう?はっきりとはわかりませんが、さらっとして美味いスープではあります。レモン汁と白菜漬けの酸味が加わって、肉の臭みが抑えられる感じですね。

お昼の営業では、ラーメン(650円)に200円プラスでラーメン定食にできます。鶏カラ2ケ、小鉢(この日は冷奴)、ご飯、漬物が付きますので、これはお得です。すっかり満腹になりました。

この店も呉の名店のひとつ、いつまでも続いてほしいものです。
関白 呉市本通2-2-4