E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

油そば みや寺

"油そば"の発祥は中央線沿線(国立、三鷹辺り)というのが定説ですが、どちらかと言うと東京でもその周辺地域だけ限定の麺料理というイメージがありましたね。私自身は東京では食べたことがなくて、広島にUターンした後に初めて食べました。それは「紺屋」が中筋にあった時です。
その頃の「紺屋」は"油そば"を売りのメニューにしていましたからね。初めて食べた"油そば"は、なんかピンとこない味だったのですが、しばらくするとまた食べたくなる不思議な感じでした。この「みや寺」は広島では初めての油そば専門店、本場東京の味を広島へと銘打っています。祇園に出来たのは知っていましたが、市役所近くに2号店が出来たとのことで、やって来ました。

大盛りは無料ということなので、ちょっと躊躇したのですが大盛りにしました。席に座ると食べ方の説明が貼ってあります。卓上のラー油と酢を躊躇せずに二回しほど掛けて下さいとのこと。混ぜれば混ぜるほど美味しくなるとも、、もちろん説明通りにします。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、それにゴマ。油と調味料は底に溜まっているので、よくかき混ぜて食べます。最近流行の魚粉が入ってないのはかえって潔い感じ、ぷりぷりした太麺が良いですね、タレの味も丁度いい按配で、大盛りの麺も難なく完食です。これが本場そのものの味かどうか、私は分からないのですが確かに美味いですよ。私の歳だとカロリーオーバーですが、ごれはご飯を付けて食べたいなあ。

みや寺 大手町店 広島市中区大手町3-13-10