E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

カントリーグレイン 菜食カフェ

今日は母親の実家、東広島市豊栄町に墓参りに行ってきました。
母親の実家の家屋は既に引き払われており、お墓だけが残っています。墓所に積もった落ち葉を掃除し、花を供えてお参りしました。私自身も子供の頃には何度も訪れた場所です。かっての藁ぶきの家がなくなってしまったのは寂しいですが、この場所から見渡す景色は大きくは変わっていませんね、、懐かしかったです。
その途中、昼飯は福富町にある「カントリーグレイン」に立ち寄りました。

ベーカリーに併設されている「菜食カフェ cafe SPROUTS」で昼飯をとります。
平日のランチは1,000円ほどなのですが、土日祝日はビュフェ・バイキングのみで一人1,950円とちょっと高めの値段。料理は肉・魚・乳製品など動物性食材を使わない菜食料理です。

コンセプトは、次のとおり。「身土不二」:地元の旬の野菜を使用し、食べる人が暮らす風土で育った旬の食材を頂く。「一物全体」:栄養価も高い野菜の皮や葉・茎も美味しく、食材まるごと全体の命を頂く。

どの料理も美味しそうで食べたいものばかりで、困ってしまいます。

パンもいろいろあって、それにスープも。普通だったらこれだけで十分一食済ませられるんだけど。

たくさん食べました。これは一回目で、もう一回取って食べました。自然な味でどれも美味しかったし、菜食とは思えないほど、どっしりと満足感がありましたね。

値段はちょっと高いなあと思いましたが、これだったら納得です。ただし、家内や母親は私ほど食べられないので、バイキングより平日のランチのほうが良かったと思います。次からは平日に来ることにしましょう。


食事後はベーカリーの方も見てみました。国産小麦を100%使用、天然酵母、添加物は不使用。ここは最近流行の自然派パンの嚆矢とも言える店ですね。

"芽ぶき100%"を購入。広島県産小麦「ミナミノカオリ」の全粒を100%使用し、工房の石臼で挽いた全粒粉を70%、発芽小麦を30%配合したものだとのこと。家に帰って食べましたが、香ばしくて美味かったです。

カントリーグレイン 東広島市福富町下竹仁225-2 http://www.countrygrain.com/