E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

山茶花 春の味

ミシュラン広島版で堂々の二つ星、以前から一度来たかったのですが、念願叶いました。
旧佐伯町津田の町をすこし通り過ぎた辺り、田圃の中に佇む一軒家です。ご夫婦二人だけで切り盛りされており、昼・夜の営業とも限定3組のみ。全て個室で、座敷2部屋、テーブル席1部屋という構成です。ご主人は滋賀県八日市にある名店「招福楼」で修業されたとのことで、期待が高まります。休日には中々予約が取りにくいと思いますが、私は自営業になり時間が自由に使えるので、こういう時には有り難いですね。

今回ご一緒したWさんは、かって「山茶花」が五日市にあった頃に常連だったとのこと。こちらに移転してからは初めての訪店ということで、応対された奥様と懐かしくお話しされていました。

私たちは3,900円のコースを頂いたのですが、Wさんのそういうご縁があったので、先付1品はコースにはないご主人からのサービスとのことでした。ありがとうございます。頂いた料理は以下の通り。今月のテーマは"お花見"とのことで、季節感溢れる料理が並びますです。
先付:ミルガイ、ウド、菜の花のさっと煮

八寸:稚鮎、たらの芽の天ぷら、姫サザエ、ホタルイカとアスパラの黄身酢和え、コンニャク・グリーンアスパラ・エビの田楽、穴子寿司、だし巻き玉子

椀物:百合ね豆腐、白魚、生麩、ワカメ

お造り:タイ、スズキ、イカ

焼き物:サワラの味噌漬け、酢レンコン、フキの葉の佃煮

炊合せ:白身魚の桜蒸し、よもぎ麩、フキ

ご飯:タイ茶漬け

デザート:関東風桜餅

どの品も食材を吟味し手間をかけた丁寧な調理で、早春の味を満喫しました。ミシュラン二つ星も納得ですが、それでこの値段というのも素晴らしいです。ここは本当に良い店ですね。
山茶花 廿日市市津田4029