祝杯 しののめ

1月下旬に発表があった資格試験に合格したので、そのお祝いをしたかったのですが、その後大腸のポリープ手術をしたりしたので、延び延びになっていました。今宵はやっとこさで祝杯です。
訪れたのはお馴染みの「しののめ」です。すっかり人気店になったので、最近は中々予約が取り難いですね。私自身も3回くらい振られた後で、今回は一週間前の電話でやっと取れました。ご主人一人で切り盛りされていることもあり、一晩で6人くらいが定員みたいです。お客さんにはゆっくり寛いでほしいという、ご主人の考えもあるのでしょう。この店を以前から推していた者としては、お客さんが増えたのは嬉しいですね。

この日のネタ箱。いまのお薦めは青身の魚で、アジ、サバなどが美味しいとのこと。それ以外に、ひと際目を惹くのは大ぶりなフグの冊です。これは、本日の他のお客さんのリクエストで、特別に用意されたみたいです。

今宵はまずは生ビールでスタートして、その後で日本酒へ移ります。日本酒も良い酒が揃えてありますね、「久保田」生原酒と「金雀」を飲みました。いや〜美味いです。

刺身は、タイ、アジ、サヨリ、シャコ、貝3種盛り、サバなど。タイの皮は軽く炙って塩を振って供されます。今日の魚の中では、やはりご主人のお薦めどおりアジ、サバが良かったです。

タラの白子焼きです。時季的には終りに近いので、ちょっと育ちすぎの感がありますが十分美味かった。

温かいものが欲しくて、ここで茶碗蒸し。これは、ご主人の手の空き具合を見て注文する必要ありです。

締めの鮨は、アジ、水イカ、サヨリ、赤貝、タイの上にサービスでフグ肝のせ、そして玉子焼きです。最後には熱々の焼きたて玉子焼きが最高ですね。

こちらのお店、行かれる時には、日を決めて早めの電話予約をお薦めします。
しののめ 広島市南区東雲本町3-7-7