わが家はカキ三昧

カキはこれから2月にかけて、一番身が入って美味しい季節ですね。

家内が倉橋のカキをたくさん仕入れてきたので、これからしばらく、わが家はカキ料理が続く予定。昨日の鍋に続いて、今宵はカキフライです。カキの食べ方はいろいろありますが、やはり一番はこれかな〜。レモンを絞って塩、もうひとつはタルタルソース、2種類の食べ方で頂きます。

さっくりとした衣を噛むと、中からカキのジュースが迸ります。う〜ん、美味いよぉ。

カキフライとくれば、もうビールを飲むしかないでしょう。大腸検査の前日から始まって、この4日間は酒を飲めなかったのですが、今宵解禁しました。あ〜美味い!なあ。

やはりこういうひと時がないと、生きている意味がないですよね〜。お腹は快調というか、もうすっかり大丈夫な感じです。これからは平常運転に戻ります。


[2017/01/25] カキはまだまだあるので、カキ料理が続きます。今宵は"カキとベーコンのニンニク焼き"です。

倉橋のカキ打ち場で打ったまま水に浸けていないカキなので、身がプリプリで味も濃いです。カキとニンニクは意外とよく合うし、ベーコンの脂と合わせても良いですね。これは最高のビールの肴になりますよ。


[2017/01/28] まだまだ続くカキ三昧、今宵は"オイスターチャウダー"です。海のミルクと言われるカキと本物のミルクを合わせれば、これ以上はないミルキー(笑)な味わい。本当に濃厚な旨味に溢れています。

それに合わせるのは甲州産ロゼワイン。あっさりした飲み口が濃厚なチャウダーによく合いますね。


[2017/01/29] 残りのカキは塩をして、香辛料と伴にオリーブオイルに漬けて冷蔵庫で保存。これからしばらくの間、晩酌の時の素敵な肴になります。これはビールにもワインにも、そして日本酒にも合いますよ。

う〜ん美味い。カキはいろいろな料理法がありますが、どうやって食べても美味いですね。