E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

カキと鯛の鍋

土曜日に受けた大腸内視鏡検査で直径5mmほどのポリープが一つ見つかり、その場で除去しました。術後は丸一日食事をせず、昨晩から少しずつ食べ始めて、今宵はやっと食事らしい食事です。
家内が呉の実家からカキと鯛を頂いてきたので、晩飯は"カキと鯛の鍋"、それに"カキ飯"です。

カキはこれからが本当に美味しくなる季節。家内の実家では、いつもこの時期に倉橋の牡蠣打ち場まで行ってカキを購入します。今朝打ったばかりの水に浸けていないカキは、味の濃さが違いますよ。

はずみで七味をちょっと掛け過ぎましたが、カキの身がプリプリして美味いですね。


胃腸に不調があった訳ではないので、鍋もカキ飯も全て美味しく食べられました。明日の朝に普通にお通じがあれば、もう平常食に戻して良いのではないかと思います。

■お雑煮
術後3日間は柔かい消化のよいものを摂るということで、朝食は二日続けて雑煮を食べました。
香川の"白味噌あん餅雑煮"を家内に再現してもらいました。白味噌の汁にあん餅ということで、とても甘いのですが、おやつ感覚で頂くと美味しいですね。丸一日絶食の後だったので、この甘みが心地よいです。

こちらは、わが家のオリジナルである"シャケ雑煮"です。元日に食べて以来ですが、やはり美味い。最近は雑煮をあまり食べなくなりましたが、あらためて美味しいものだと思います。