E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

おへそカエフェ

日本シリーズが始まって、カープは大谷を打って幸先よく先勝。まだ先は長いですが、取り敢えず良いスタートが切れました。昨日は小雨模様の生憎の天候でしたが、今日は回復しそうでうですね。
夕方からの試合を楽しみに、昼間はちょっと遠出をして、世羅町までやって来ました。

世羅の町から更に奥に入った田園地帯、一軒の農家が目指す店です。店の周辺には数か所の駐車場があるのですが、ほぼ満車状態で20台以上いますね。こんな田舎で、これだけの客が集まる店って、、

農家を改築した店舗は、母屋がカフェになっています。

母屋の横に台所棟があって、ここに薪で焚く本格的な石窯が築かれています。煙突からは煙が立ち昇っていて、パン、ピザなどをこれで焼いておられるみたいですね。


入口のところで自家製パンの販売をしていて、これだけを買いに来る客もいるようです。パンの種類がいろいろあって、どれも美味しそうです。私達もいくつかお土産に買いました。


母屋の中の座敷がカフェ・スペース、日曜日なのでかなり混み合っていますね。基本はスペイン料理ということですが、ピザ、パエリア、自家製パンのサンドイッチなどが食べられます。他のお客さんが食べているものを見ると、どれもボリュームたっぷりです。これはうっかり注文し過ぎるといけないなあ。

というわけで、私たちは二人で"スペイン風エストファド"(1人前)と"パエリア"(2人前)を注文しました。
エストファドというのはスペインの家庭料理で、子牛肉と玉ねぎ・にんじん・ジャガイモを煮込んだスープですが、これは牛肉の代わりにイベリコ豚を使っているとのこと。塩コショウのシンプルな味付けですが、肉と野菜から旨味が出て、滋味溢れる味でした。

メインの"山と海のパエリア"です。大ぶりな鶏肉がゴロゴロ入って、魚介はエビ、タコ、イカ、ホタテ、ムール貝などがいっぱい、かなりのボリュームです。これも仕上げは石窯で焼くのかな?今日は混雑していたせいか、焼きがちょっと足りない感じでした。

しかし、魚介の良い味が出てますね、これは美味いです。結局、量が多いので食べきれず、持ち帰り用の紙容器が用意されていたので一部は土産にしました。

この店は最近かなり人気になっているようで、休日は凄い人出です。食事を希望するなら予約は必須ですね。私達も気に入ったので、再訪は必至。次は平日に行って、ピザを食べてみたいです。
おへそカフェ&ベーカリー 広島県世羅郡世羅町宇津戸1155


お土産に買って帰った「おへそベーカリー」のパン。自家栽培の無農薬玄麦と自家発酵酵母だけを使い、粉・塩・水だけで発酵させる伝統的な製法とのこと。どっしりとして食べ応えのあるパンですね。