E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

都知事選挙に思う

東京都知事選挙は当初の予想に反して、小池さんがダントツの得票で支持されました、、
小池さんの勝因については、都議会自民党との対決姿勢を取ることで劇場型の選挙戦を演出したからだとか、既成の政党をバックにした候補者に有権者がNO!を出した結果だとか、いろいろ解説されいます。確かにそういうこともあると思いますが、さらに私自身が感じたのは、いまの若い人達は政治に関しては思いの外リアリストなんだなということ。それは鳥越さんの得票を見ればよく分かります。
鳥越さんに多く投票したのは50-60歳以上の世代で、若い世代の支持は驚くほど少なかったですね。確かにいま60歳以上の人は学生運動華やかなりし世代で、意外と左寄りの考えを持っている人が多いです。しかし、現在の新しい政治環境の下では既に時代遅れになっていると思いますね。鳥越さんについても然りで、落選したのでほっとしました。市民運動に名を借りて現実を無視した独善的な主張を通そうとする(いわゆるプロ市民と呼ばれる)人達に、政治や行政が振り回されるようなことは絶対にあって欲しくないですからね。

さて晩飯は、茹で海老、冬瓜の煮物、ゴーヤチャンプルなどで、まずは軽く晩酌です。

今宵は酒は少なめにして、飯を食べます。
"鯵の混ぜご飯"は焼いた鯵の身をほぐして飯に混ぜ込んだものですね。これはもちろん美味いです。

トントロは豚の頬の肉だとか。塩焼きにして頂きました。適度な脂の入り具合で香ばしいです。