読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼きたてパン

東京都の舛添知事が公費流用で批判を受けています。全くその通りで、舛添さんは知事を辞任すべき(というより政治の世界から身を引くべき)だと私も思います。しかし、こういう話は舛添さんだけではないだろう、というところが悲しいですよね。政治家に限らず、公務員、民間企業の中にも公私混同は日常的にありますからね。人間の社会は普遍的に不正と不平等が横行しているという事実を認識した上で、それをどう捉えるか(必要悪と見るか、徹底的に正すべきと考えるか)、、ということかもしれませんね。
さて、今朝は家内がいつもより早くに起きたようで、パンを焼いてくれていました。

朝食は炊きたてのご飯と味噌汁の匂い、、というのも良いですが、焼きたてのパンの匂いもまた良いのものですね。家内は、ご飯を炊くよりもパンを焼く方が苦にならないという、ちょっと不思議な人なのです。

パンを割ると熱々の湯気と香ばしい匂いが立ち上がって、外側の皮がぱりっと中はしっとりです。このパンには黒オリーブが散らしてあって、その風味がアクセントになります。

オリーブオイルに醤油を垂らして、それに浸して食べます。私はバケットなどもこうやって食べることがありますが、中々美味いですよ。皆さんも是非一度試してみて下さい。