E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

白魚の踊り喰い

唐津にある川魚料理の老舗「飴源」の活け白魚(シロウオ)です。
ビニール袋に入っていますがちゃんと生きています。シロウロとシラウオ、大きさも同じくらいだし、ちょうどこの時期に出回るので混同しますが、シロウオはハゼ科の魚、シラウオはシラウオ科で全く別の魚だそうですね。このシロウオはちゃんと活きていて、身も透き通っています。

器に移しても元気で泳ぎ回っています。それを網ですくってポン酢の入ったお猪口に移すと、激しく暴れまわります。何匹かは飛び出してしまってテーブルの上を跳ね回る始末、、すまんが大人しくしてくれ。

ポン酢と卵黄で頂きます。口に入れてもまだ動いていますが、思い切って噛むと、くりくりとした歯ごたえでシロウオの身の甘みが広がります。う~ん、人間の罪深さと、春の息吹を同時に味わって、ちょっとほろ苦い気持ちになるのですが、申し訳ないれれど、やはり美味い!、、ので勘弁してね。