イタリアンバルで驚きのラーメン

今日は十年に一度の寒波到来という予報でしたが、広島市内は雪も風もさほどではなかったですね。しかし、広島県内の山間部はかなりの積雪のようだし、屋外に出たら確かに空気の冷たさが違います。
とは言え、お昼ごろには陽が刺してきたので、これなら外出しても大丈夫そうです。気分転換に昼飯はちょっと遠出することにしました。西方面は都道府県駅伝で混雑しそうなので東方面へ、東広島でイタリアンのランチが食べられる店をネットで探してこちらにしました。しかし、、店に着くと入口にラーメンの幟が立っています。そして「健美堂」という看板が、、ここは「サーレ・エ・ペペ」という店ではないのかな?

恐る恐る店内に入ると、カウンターに座った客が二人、ラーメンを食べています。イタリアンの他にラーメンのメニューもあるみたい、しかもかなり美味そうです。イタリアンのランチを食べに来たはずなのに、急遽ラーメンを食べることにしました。ご主人にそう言うと、「カウンターの方にどうぞ」とのこと。なんでもテーブル席はイタリアンの「サーレ・エ・ペペ」で、ラーメンはカウンター席の方、こちらは「創新柳麺 健美堂」なのだそうです。

黄金牛骨柳麺〜HIKARI〜、その名のとおり黄金色のスープ、牛骨特有の少し甘みを感じるスープです。こんなに美しい済んだスープは滅多にないし、雑味のない綺麗な味です。具のチャーシュー、アキレスも柔らかくて美味い。久々に独創的で美味しいラーメンに出会ったという感じです。

黄金健美柳麺〜Bejipota〜、これは白ネギ増しと玉子のトッピングを追加したものです。ラー油が入っていて辛味を加えてありますね。べジタポということですが、ミンチ肉に胡麻テイストという、どちらかというと担々麺に近い感じ。旨味がたっぷりで、これはこれで美味いです。

麺は太いちじれ麺。パスタマシンで自家製しておられるのかと思い聞いてみたら、安佐南区にある製麺所に特注していますとのことでした。私は太麺が好みなので、この麺は好きですね。

こちらのラーメン、本当に驚きました。メニューを見ると、ラーメンのトッピングにローストビーフ、骨付カルビ、牛タンとかもあります。これはレストランで使う食材を生かしているのかな、面白いですね。食べログを見るとイタリアンバルとしての評価も結構高いですし、こういう創作ラーメンが作れるのですから、ご主人のセンスと調理技術は中々のものだと思います。ここのラーメンはホントに食べてみる価値ありです。
サーレ・エ・ペペ (創新柳麺 健美堂) 東広島市西条下見6-11-8


■東広島の人気パン屋 ラパン
帰り道にはこちらに寄って、パンを購入しました。田圃の中の住宅街の一画、かなり分かり難いのでナビがないと辿り着けない感じですが、お客さんは多いです。

種類が多いし、値段もリーズナブル。もちろんとても美味しいパンです。

ラパン 東広島市西条町寺家7136-6