読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知さんさん旅 二日目

旅行二日目、今日もよい天気です。
朝7時に起きてホテルを出て、歩いて10分程の追手筋に向かいました。今回の高知旅行の第一の目的は、この日曜市でした。私達が以前から高知の日曜市のことを喧伝しているので、義母も是非来てみたいと以前から仰っていて、今回やっと実現した次第です。

高知市内で開かれる市は日曜市だけではなくて、曜日ごとに場所を変えて市内各所で開かれているのですが、やはり規模としてはこの日曜市が最大で、高知城下追手筋に1.2kmに渡って市が並びます。

店を出している地元の人から、いろいろと話を聞きながら選んでいくのも楽しいです。


日曜市には高知の海と山の幸が並びます。何もかも安くて新鮮で、これはもう宝の山に入った気分。

朝飯も食べずに宿を出て歩き回ったので、すっかりお腹が空きました。城の大手門の前のベンチに座って、買い込んだ鮎飯と野菜寿司で朝昼兼用の食事です。いや〜美味いです。

今回の高知旅行、天気にも恵まれて本当に楽しかったっですねえ。お義母さんにも喜んでもらえたみたいで良かったです。高知には何度も訪れていますが、来るたびに益々好きになる感じかな。実現するかどうかは分かりませんが、老後には移住しようかと半ば本気で思っているところです。

【追記】
家に帰って、日曜市で仕入れた高知食材でさっそく晩酌。
酒は安芸市の「あきとら」のうす濁り活性生酒です。無濾過で微発泡、要冷蔵。保冷剤入りのクーラーボックスで持ち帰りました。ビール瓶のように王冠を栓抜きで開けます。これは爽やかな飲み口で、いくらでも飲めますね。肴は天然アユの甘露煮、それに焼きシイタケ、枝豆。全て日曜市で買った高知の幸です。

こちらは、メヒカリの一夜干しです。この魚は深い海にいる魚だそうですが、白身の上品な味ですね。獲れたては刺身や天ぷらにしてもよいし、もちろん干物も美味いです。


【おまけ】
高知からの帰りに、讃岐に寄り道してうどん。

日曜日ですが、ちょうど「おか泉」のアイドルタイムだったのか、たまたま直ぐに入れました。その後はすぐまた行列が出来てしまったので、私達はラッキーでしたね。

名物の"ひや天おろし"。いつもながら、そそり立つエビ天は圧巻です。揚げたての天ぷら、エビはぷりぷり、うどんはつやつや、、これはもう文句なしです(笑)。

うどんの旨さを真剣に味わうのなら、この"生しょうゆ"のほうが分かりやすいです。讃岐に名店は数々ありますが、その中でも、やはりこの店のうどんは一級品ですね。

おか泉 香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10