E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

カワハギの薄造り

今宵はちょっと奮発してよい刺身を買ってきて、家で豪華な晩酌です。
カワハギの薄造り、アジ、水イカの刺身など。カワハギは店頭で大ぶりなのを選んで薄造りにしてもらいました。結構な値段ですが、捌いてもらって肝はさっと湯通し、アラも付けて貰いますから、決して高くはないです。カワハギの刺身はよくフグと比べられます。身の味だけなら確かにフグのほうが上だと思いますが、肝が食べられるところはカワハギのポイントが高いです。更にコストを考えた場合には、断然カワハギに軍配が上がりますよね。本当にカワハギは豪い魚です。

カワハギはポン酢にもみじ下ろし、それに浅葱を添えて食べます。肝を溶いて一緒に食べると旨いですねえ。活きのよいカワハギは身がプリプリとして弾力があって、下手なフグより美味しいですね。

今宵は酒も特別です。愛媛県内子にある酒六酒造の大吟醸生詰「京ひな吹毛剣」、松山在住の家内の友人から頂いたものです。名前の由来は吹きかけた毛が切れてしまうほどの切れ味ということらしいですが、確かに辛口の強い酒です。刺身にはとてもよく合いました。

カワハギのアラは松茸と合わせて吸い物にしました。この松茸はアメリカ産です。最近は国産の松茸を食べる機会は中々ないですが、カナダやアメリカ産のものはそれなりに香りがあって、それほど悪くないです。国産が手に入らなければ、これで十分ではないかな。