こりく 移転開業

県病院前にあった「麺の家こりく」が福島町に移転しました。名前は「広島麺匠こりく」と変わり、客席数もスタッフも増えて、駐車所も出来て、新天地での再出発ですね。
お昼過ぎに着いたら店内は満員でした、新店舗は早くも人気のようです。順番が来るまで店の外で待ちます。ところが、その待ち客の中に見覚えのある人が、、かって広島のピッチャーだった高橋建さんではないですか。「建さんサインして下さい」「名前は?」「のぞみです」「またのぞみ!?」、、例のCMが頭に浮かびましたが、他の人は気付いているのか?いないのか?建さんは身体も大きくてやはり格好良いのですが、CMのようにサインを求める人はいないし、特に注意を払っているような様子の人もなし。まあプライベートで来ているのだから、建さんもそのほうがいいでしょうけどね。

私は"魚とんこつ"を注文しました。魚とんこつの味は以前と変わらないように感じました、やはり美味しいです。しかし、他の客が食べているマー油が浮いた"とりとんこつ"や"こりくラーメン"のほうが更に旨そうに見えましたね。次回はそっちにします。

廣島麺匠こりく 広島市西区福島町1-26-4