E級日記

広島在住 もんがーのE級的生活の記録です

釣りはいろいろ難しい

朝5:30に集合、釣りは朝が早いですね。
今日は渡船に乗ってカキ筏に渡って釣りをします。渡船には25人ほど乗り込んで満員、グループごとにいろんな場所の筏に降ろしてもらいます。私達は江田島湾の入口の津久茂瀬戸の外側辺りの筏に降りました。朝6時半頃から午後3時のお迎えまで、8時間あまりの時間をこの筏の上で過ごします。

今回の目的はチヌのふかせ釣りということで、そういう仕掛けで臨んだのですが、最初の数時間は全くアタリがなし。朝方は雨模様でしたが、お昼頃には陽が照ってきて一気に蒸し暑くなってきました。う〜んこれは堪らない。その間私は、私の釣りの先生Yさん持参のパラソルの中に避難させてもらって陽を避けます。筏の上では逃げ場がないし、天候次第でかなり大変です。

もう一人ご一緒していたT名人が、最初のチヌを釣り上げました。魚は底に居るということで、私達も仕掛けを変えて底を狙うことにしたのですが、そこで私は大きな間違いをしていました。なぜか水深が5mと思い込んでいて(実際は20mあったらしい)、錘が軽すぎたこともあって全然底まで届いてなかったのですね。これは終わってから気がつきました。時折アジや小イワシの群れが通るのですが、仕掛けが違うので急には対応できません。時間だけがどんどん過ぎていきます。

撒き餌をしていると、大きなボラの大群が水面近くまで回遊してきます。目標をそちらに変えて、ボラの群れに合わせると、結構食いついてきます。しかしねぇ、このボラが体調50cmほどあって、強烈な力なんですよね。5回ほど掛かりましたが、チヌの仕掛けでは弱すぎて全て針を抜かれてしまいましたorz。結局私とYさんはぼうず。底のほうを辛抱強く狙っていたT名人だけが、チヌ1匹、真鯛2匹、ボラ2匹といった釣果でした。どれも形がよくて羨ましい。T名人から私はボラ、Yさんは鯛を1匹づつ貰って帰りました。初心者の私には今回の釣りはレベルが高くて難しかったです。


せっかく貰ったボラですが、さてどうやって食べるかなあ?、、独特の臭みがあって一般には流通しない魚ですからね、これは結構難しいです。獲れた時に血抜きだけして持ち帰ったのですが、さすがに50cmのボラですから、捌くのは結構大変でした。

コノシロのように酢で締めるものありかと思いますが、大きいですからね。ちゃんとした料理にしたかったし、独特の臭みを取るためには香草焼きが良いのではないかと思い、やってみました。三枚に下ろして、切り身に塩胡椒してしばらく置いた後、ローズマリーなどの香草と一緒にオーブンで焼きましたが、これは正解でしたね。魚自体が新鮮だったせいもあり、美味しかったです。

今回もYさん、Tさんにはお世話になりました。足手まといになって申し訳ない。これから本気で釣りの勉強をしてみるかな、、道具もまだ色々足りないものを揃えないといけませんね。