和ごころ田じま

今宵は多陀志さんと二人で忘年会、行ったのは東雲にある「田じま」です。

綺麗に磨きぬかれた店内、白木のカウンターが清々しいです。カウンター10席ほどと8人くらい入れる小上がり席がありますが、まだ若いご主人と奥様の二人で切り盛りされているので、このくらいの客数が限度かなという感じです。住宅街の分かり難い場所にあってちょっと隠れ家的な穴場の店だったのですが、ミシュラン広島版で見事ビブグルマンを獲得されてから、すっかり知名度が上がりましたね。

この店は料理、サービスの質が良いだけでなく、値段的にもリーズナブル。そのあたりが人気の理由でしょう。この刺身5種盛りが950円ですから、他の料理も推して知るべしです。特筆すべきは生ビールの旨さで、この店の生ビールは注ぎ方、温度が最高に良いですね。もちろん、日本酒、焼酎などもかなり拘りをもって選んでおられるようです。

ご主人はかってベトナムの料理店で働いていたとお聞きしました。この店の雰囲気からは想像できませんが、メニューの中にちょっと創作料理っぽいものがあるのは、そのせいなのかな。例えば、ふろふき大根の上にトロロ昆布がたっぷりのっていたり、タラの白子を蒸し焼きにして醤油・黒七味で仕上げてあったり。以前は魚は美味しいけれど、手の込んだ料理はあまり得意ではないという印象だったのですが、やはり更に進化されているみたいです。

今宵は日本酒が美味しかったので飲み過ぎてしまって、すっかり酔っ払ってしまいました。最近は酒に弱くなったのに、相変わらず私は馬鹿が治らないなあ。多陀志さん、お付合い頂きありがとうございました。
田じま 広島市南区東雲3-3-1