山口のラーメンが熱いね

久々に多陀志さんとミニオフです。今回は私の希望で山口にラーメンを食べに行きました。
一軒目は防府の「今里」です。皆さんの評価が凄くて、ずっと気になっていた店ですが、やっと訪れることができました。防府の街からは少し外れていますが、駐車場があるので車であればかえって行きやすい場所です。店内は厨房を囲んでカウンター席のみ、奥の部屋には製麺機が置いてあるのが見えます。

私は基本の"元味"を注文しました。出てきたのは綺麗な醤油スープのラーメン、表面には背脂とかなりの油が浮いています。スープは鶏ガラ+魚介なのかな、旨味十分です。具は大ぶりのチャーシュー1枚、メンマ、白髪ネギ、ミツバです。背脂があるので見たところ尾道ラーメンっぽいですが、それ以上に洗練された感じです。多陀志さんが注文した"あっさり"は、背脂がなくて油分が少ないとのことです。

麺は自家製で中細のちじれ麺、コシはそれほどないですがスープとの絡みがいいです。具はこのスープと麺によく合っているし、白髪ネギとミツバが油多めのスープの口直しになっています。いや〜これは旨いなあ、皆さんの評判通りですね。ただ一点だけ、私には塩分濃度がちょい高いと感じました。もちろん塩分は食べ手によって適量が違うので一概には言えないし、塩分が足りないとスープにキレが出ないのも事実。この辺りはご主人の判断でしょう。

初めて訪れた今里は確かに美味しかったです。広島からそう度々訪れることは出来ないですが、今後の展開が楽しみです。
今里 山口県防府市字新田604-6


今里で弾みがついて、もう一杯鶏ダシのラーメンを食べようということで、2軒目は山形屋に向います。
前回振られてしまった恨みの山形屋ですが、今回は大丈夫でした。山口拉麺維新2013の開催期間中なので、結構待ちがあるかと覚悟していたのですが、そんなに混み合っていませんでした。螺旋階段を地下に降りていって、洋風居酒屋そのままの造りの店内へ。7月の豪雨で浸水してしまったとのことでしたが、店内は綺麗になっていますね。

メニューを見て、"鶏ガラあっさり煮干ラーメン"を注文しようと相談していると、今日はトンコツだけですとのこと。が〜ん、普段からメニューの出入りは多い店ですが、ちょうど間が悪かったなあ。私自身は山形屋のトンコツは食べたことがないのでそれでも良いのですが、多陀志さんは最近はトンコツが苦手だそうで、気の毒でした。気を取り直して、私はバジルトンコツ、多陀志さんはトンコツラーメン+辛味噌を注文しました。
出てきたバジルトンコツ、生のバジルの葉が入っていると思っていたのですが、そうではなくて、バジルペーストを加えているということらしいです。メニューの注記として、バジルトンコツには辛味噌を入れられないとあったのは、このためですね。

食べてみると、やはりよく出来たトンコツスープです。そのままで良いと思いますが、バジルペーストが入ることで独特の風味が加わって、これはこれで有りだなという味。やはりベースのスープと麺が良いからでしょう。一つだけ難を言わせて貰うと、チャーシューがちょっとハムっぽくて私の好みではないですね。それを割り引いても、美味しいラーメンだと思いますけど。

トンコツラーメンも良かったけれど、鶏ダシあっさりラーメンを期待していた多陀志さんには申し訳なかったです。
山形屋西洋酒場 山口市湯田温泉1-1-40


ということで、ラーメン2杯だけ駆け足で食べて周ったオフでした。いま山口県には意欲的なラーメン店がたくさん出てきて、「あまちゃん」に出ていた喫茶店のマスターの口調を借りると、「山口県のラーメン、いま最高に熱いよね」といったところ。広島でも山口拉麺維新のようなイベントがあれば面白いのですが。